松竹新喜劇 初笑い 新春お年玉公演

0 お気に入りチラシにする

松竹

京都四條南座(京都府)

2016/01/01 (金) ~ 2016/01/07 (木) 公演終了

上演時間:

50年ぶりに松竹新喜劇が
南座に初春お目見得!
初詣の後は南座でめでたい初笑い!

一、えくぼ
茂林寺 文 福 合作
舘 直 志
丸福運送店の主人福三は、かつて京子というホステスに惚れ込んでいました。
京子は相当な美人で、笑う時に出るえくぼがまた可愛い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/01/01 (金) ~ 2016/01/07 (木)
劇場 京都四條南座
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 11,000円
【発売日】2015/11/26
1等席:10,000円
2等席:5,000円
3等席:3,000円
特別席:11,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/schedule/2016/1/post_261.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月1日(元旦) 13:00 -
1月2日(土) 11:00 15:30
1月3日(日) 11:00 15:30
1月4日(月) 11:00 15:30
1月5日(火) 11:00 15:30
1月6日(水) 11:00 15:30
1月7日(木) 11:00 15:30
説明 50年ぶりに松竹新喜劇が
南座に初春お目見得!
初詣の後は南座でめでたい初笑い!

一、えくぼ
茂林寺 文 福 合作
舘 直 志
丸福運送店の主人福三は、かつて京子というホステスに惚れ込んでいました。
京子は相当な美人で、笑う時に出るえくぼがまた可愛いと評判の女性。
福三は、見事にふられてしまったのですが、それでも京子のことが忘れられず、仕事に身が入りません。見かねた兄夫婦は、秋子という女性と結婚させたのですが、福三にしてみれば、好きで一緒になった女 房でもなく、おまけに秋子の顔を見て食事をすると飯がまずくなるなどと言う始末。
秋子はそんな福三に怒りもせず、また愚痴のひとつもこぼさず、ただ黙々と毎日真黒になって働いているのです。そんな時に、職を求めてやって来た男が…。

二、浪花の夢 宝の入船
劇中 新年ご挨拶申し上げ候
一竜斎 貞 鳳 作
平 戸 敬 二 脚色

大坂北の新地の花街にある大梅屋の軒先で、近江は堅田の石工源造という男が放り出されていました。
この男、大坂で一旗上げようと、亡くなった親方が残してくれた石灯篭を担いでやってきたのです。
そんな折に、大梅屋の女房おかつがその石灯篭を買ってくれたのですが、店の若い者とのいざこざが起きた…と。その話を聞いていた備前屋の大旦那太左衛門はひょんなことから源造のおかげで大儲け。
太左衛門はそのお礼に源造を家へ招きましたが、主人の留守の間にやってきた奇妙な客に驚いたのは備前屋の店の者。とんちんかんなやりとりで、思いもかけない事態になるのですが…。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2015/12/10 18:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/12/10 18:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大