AKEGARASU―明烏 転生 公演情報 AKEGARASU―明烏 転生」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.5
1-13件 / 13件中
  • 満足度★★★

    “人間”が描けていない…
    落語好きでもある私(このCoRichで使っているアイコンは、私が落語を演じている想像図を紙切りの林家今丸師匠に切ってもらったものだ)にとって「明烏」はお馴染みの演目だ。八代目桂文楽が練りに練った噺としても有名だが、私はナマだと古今亭圓菊で聴いてその艶っぽさに惹きこまれ、それで圓菊が好きになった(3年前に圓菊師匠が亡くなった時は町屋斎場でのお通夜にもうかがった)という縁もある。因みにブラボーカンパニーにも「明烏」という作品がある(主宰の福田雄一の手で映画化もされた)が、これは「芝浜」をモチーフにしたものだった。 

    さて、落語「明烏」は、実際の情死事件を基にした新内節(浄瑠璃の一流派。哀調のある節にのせて哀しい女性の人生を歌いあげる)の「明烏夢泡雪」が下敷きとなっているのだが、今回のこの作品はその新内節をベースに時代劇と現代劇を融合させる試みでの上演という。 

    私がこの舞台に興味をもったのは落語好きということもあるが、何よりもドガドガプラスでお馴染みのゆうき梨菜や中瀬古健、それにコロブチカのコロが出演しているからだった。 

    NPO法人WOMEN'Sというところの主催公演は初めて観るのだったが、受付横の物販コーナーに以前観た「Desperate Broadway」二部作や「かたつむり」三部作のDVDが並んでいるのを見ていやな予感が。
    というのもこれらの作品はキィーワードの主催で、演出はいずれも安井ひろみ(「Desperate Broadway〜男と女のラビリンス〜」は私が観た公演時点では演出:Dr.Pepperとなっていたが、どうやら安井のことらしい)。この安井の演出、杉村春子に師事したという割には心情描写が浅くて、物語に深みが感じられないのだ。慌てて、今回の演出者をチラシで確認したらやっぱり安井ひろみ…。 

    舞台中央奥に打掛が衣桁に掛けて置かれている。 

    5分遅れで開演。上演時間2時間5分。 

    (以下、ネタバレBOXにて…)

    ネタバレBOX

    冒頭はTVの人気者・香西祐司(中瀬古健)が時次郎、元アイドルの佐倉樹里(木夏咲)が花魁・浦里に扮しての芝居の稽古。暫くはこれが芝居の稽古とはわからないが、演出家・篠田が飛び出してきてやめさせることで、それとわかる仕組みだ。
    樹里は昨年までAKGのセンターを務めていたが、卒業して俳優としての力をつけようとこの舞台に懸けているのだが、篠田は色気が足りないと言う。樹里は「調べたら、花魁は初会では客と寝ることはないとのことだったので…」と反論するが、篠田は「この芝居に時代考証など必要ない」と言い放つ。
    稽古が終わり、樹里は香西と個人的に稽古を続けようとするが、香西は撮影のために立ち去り、それを狙って女にだらしのない土岐久蔵(関戸将志)がちょっかいを出してくる。 

    これと並行して、江戸時代の吉原の廓・山名屋の花魁・浦里(高杉美羽)と春日屋の若旦那・時次郎(コロ)をめぐる悲恋の物語が、その周囲の人間模様を絡めながら語られていくのだが、やがて江戸時代の浦里と時次郎の転生が現代の樹里と久蔵であることが本人にだけ知覚され、2人はかつては結ばれなかった恋を成就させようと、立ち塞がる困難に立ち向かう決意を固める…。 

    終盤で久蔵(関戸将志)に騙されて自害する遊女・千歳役でお目当てのゆうき梨菜が登場するのだが、その時に千歳が姉のように慕う病弱の遊女・玉雪を見てびっくりした。よく観劇に訪れる江戸川橋のパフォーミングギャラリー&カフェ「絵空箱」のカウンターの中にいる美女なのだ。女優さんらしいとは知っていたが、お名前も存じ上げなかったので、この作品に出演しているとは思いもよらなかったのだ。舞台姿は初めて観るが、存在感のあるしっかりした演技。蜂谷眞未という名前をしっかりインプットしたのだった。 

    お目当てのゆうき梨菜と中瀬古健はそれぞれの持ち味を活かした演技をたっぷりと観れて満足したのだったが、コロの茶髪にはがっかり。男役だが、いい演技をしており、殊にラストの心中シーンは増村保蔵監督の名作「曽根崎心中」をも思わせるものだったが、時代劇で茶髪はないだろう。無論、ゆうきや中瀬古が出ているドガドガプラスのように、それこそ細かな時代考証などないところで独自の世界観を確立している劇団だったら、客もそれを承知の上で楽しんでいるのだから、ある程度のことは許される。だが、今回の作品のように“時代劇と現代劇を融合させる”と大上段に振りかぶってそれぞれの部分をきっちりと描こうとするのであれば、時代劇の部分で髷がなかったり茶髪だったりするのは、はなはだ興を削ぐ。衣装にはそれなりに金をかけているのだから、こういった点にも注意すべき。 

    “時代劇と現代劇を融合させる”という部分に関しては、異なる時代を並行して描きながら終盤でそれを関係づけるという程度のものだったら、これまでいくつも前例がある。これが新しい試みだとは到底言えるほどのものではない。
    それに時代劇と現代劇のバランスも悪い。時代劇の方が骨格がしっかりしているのに比べて、現代劇の部分は冗長で内容的にも軽い。 

    全編を通して、登場人物らの心情的な部分はやはり低調である。安井ひろみは登場人物の心理状態に深く踏み込もうとはせず、ただ脚本を何度か読んで「この台詞だったらこういうものだろう」的に受け止めた描写にとどまっている感じだ。だから“人間”が描けない。一部の役者は自分なりにそれを表現しようとしているように見受けられたが、決して演出家の手腕ではないだろう。 

    浦里役の高杉美羽には花魁としてのオーラが全く感じられない。花魁といえば最上位の遊女で、吉原全体でも数えるほどしか存在しなかったほど。大名や豪商を接客するために、古典や書道・茶道・和歌・箏・三味線・囲碁などの教養・芸事を徹底的に仕込まれていた。高杉からはどこにもそうしたものを身に付けているというものが滲まないし、ゆうきや蜂谷に比べても下位の遊女にしか見えない。キャスティングの失敗としかいえない。
  • 無題1726(16-016)
    19:00の回(晴)

    18:30会場着、受付、開場(1-35番まで整理番号順)、19:05開演~21:09終演。もちろん原作等知らずに観に来ています。

    @絵空箱公演でお世話になっている蜂谷さんが出ていらっしゃるので観にきました。指定席ではなく自由席なのでやや前方席(中央)に座ります。

    広い舞台のものはほとんど観ないので、ある意味新鮮。

    「吉原」については数冊本を読んだ程度。「時を超えて」約束を...という設定は、先日の学生演劇にもあったパターン。重過ぎない内容、演出なのでだいぶ薄味。

  • 満足度★★★★

    見応えありました
    江戸と現代が交錯していて、ガチガチの時代物ではなかったので、観易いと感じました。役者さんの演技力の差があるのか、江戸時代は重厚な雰囲気があり良かったのですが、現代が軽い(?)感じで、江戸と現代が上手く繋がっていないように感じました。衣裳・三味線などは本格的で、見応えがあり良かったです。ラストの、逃げる二人の心中までのシーンは、切ないけど素敵で、魅入ってしまいました。見応えのある良い舞台でした。

  • 満足度★★★

    時空を超えた繋がりの説得力は薄かったように感じました
    いろいろと人物群が入り組んでましたが、
    わかりやすい配置とかになってましたけど・・・。
    何かそのせいか軽めの感じがしましたね。

    三味線の生演奏バックの芝居もあり
    ユニークなことはしてるなぁと思った2時間10分
    全席自由

    ネタバレBOX

    現代芝居で似合いのカップルだったメインの男性の方は
    何とゲイであることをカミングアウト!

    前世で心中した二人は現代に転生してその後を生きると誓ってENDです・・
    けどね 生まれ変わりの何か絆の様な物の話も無くて感覚的だったし
    身体に牡丹の花の様な痣があって手に漢字一文字が入った不思議な珠を持ってたりとか・・・説得力が薄いかなぁと感想

    終わりどころも現代舞台は何とかなりそう&
    今再びの生をかみしめて抱き合う転生体って~構図で終いっす・・・

    せめて無事公演の幕が上がったとかで仕舞にした方がとも感じました
  • 満足度★★

    “スタート地点に立った”
    「時代劇と現代劇が融合する新しい演劇が始まる」と謳っているが、その完成度は低く、まさしく“始まり”であり、“スタート地点に立った”という感じの舞台。

    自然発生的に“新ジャンル”とラベル付けされるものは別として、
    自ら、新ジャンルを確立するべく創作するには、それ相応の「試行錯誤」が必要になるだろう。

    次回作に期待したい。

    本作、音楽は素晴らしかった。殊に“新内剛士”さんの生演奏には感動した。

  • 満足度★★★★

    現代と過去が融合していない
    落語には「人情噺」と「滑稽噺」があるという。本公演「明烏」は前者であろう。説明にあるとおり過去を落語噺と現代を重ね合わせ、男女の情愛が展開されるが、その繋がりが...。

    さて明烏は、その名の通り明け方に鳴くカラス、その鳴き声を聞くと吉原遊郭から帰らなければならない、という合図のようなもの。落語噺では、その男女の切ない別れ話が情感豊に語られるところ。

    ネタバレBOX

    梗概は、説明文から一部引用し「江戸吉原の廓を舞台に 山名屋の花魁〈浦里〉と春日屋の若旦那〈時次郎〉の激烈な恋 運命的な二人の恋路。現代の東京 舞台の上で〈浦里〉と〈時次郎〉を演じる若い二人のいく末は… 業界人たちの思惑が飛び交い、右往左往 時空を超えて重なり合う運命の糸」...時代劇と現代劇が融合する新しい演劇が始まるというもの。

    その舞台セットは、段重ねした平台からそれぞれ上手・下手に2~3段高いスペースを設ける。過去の吉原・山名屋シーンは下手側で演じられる。上手は過去・現在の区別や吉原遊郭内と大門の外という違いを見せる。上演前には、衣桁に八端のような絵羽模様の振袖が掛けてある。公演中は、場面転換(暗転)の都度、小道具が運び込まれる。

    過去の「落語モチーフの世界」と現代の「芝居の稽古中」という二元的な観せ方は、目新しいものではない。この公演では、現代の舞台稽古が本筋で、魅せる世界観が落語噺としてのモチーフになっている。この公演では「心中」という結末であるが、現代ではステージママ・恋愛スキャンダルや嫌がらせスポンサーからの自立・決別し逞しく生きて行く。本来であれば対比のような観せ方であろうが、アイドルがその殻から脱皮するため稽古をしている光景しか残らない。落語噺と現代の物語は、男女の情愛という点で通じるものがあるが、そこに感情移入出来なかったのが残念(特に、現代のシーンでは情感不足)。それは別々の物語が平行して展開し、関連付けるために交互に、もしくは敢えて先祖・子孫で繋がりを持たせたという印象である。「心中」後は、来世で結ばれる=現代で成就?という望みが叶った。転生だから当たり前か。

    生の「新内(節)」...実に艶麗で哀調を帯びており”心中物”にピッタリ。この演奏も含めキャストは熱演しており、花魁たちの艶姿も美しい。外見で落語噺を云々という訳ではないが、その美しい姿の内にひそむ悲しい男女の道行き...そこにこの公演での「おもてなし」を観た。

    次回公演も楽しみにしております。
  • 満足度★★★★★

    重なり合う世界
    江戸吉原と現代の芸能界が複雑に絡み合って面白いステージになっていました。音楽のレベルも高かった。

    キーワードは「心中」というよりも...

    ネタバレBOX

    「自己の解放」ですか。
  • 満足度★★★

    AKEGARASU―明烏 転生
    新内節を検索しないまま見に行きましたが、あの三味線で語るのがそうなのだろうと想像はできました。同じ日本語なのだろうに、言葉の区切り方や長さのせいかよく聞き取れず、さらにそこにセリフがかぶると言う、これは聞かなくて良いのか?と疑問でした。心中に至る二人は気の毒でしたが、時次郎は浦里があんなにつくすほどの男には思えませんでした。これを浄瑠璃で聞く人たちは、語りだけで自分の時次郎、浦里を思い描く訳で、それはそれで楽しかったのではないかと思いました。

  • 満足度★★★★

    時空を超えたロマンス!
    現代と江戸を舞台にロマンスが繰り広げられた。登場人物の「心中」の表現がとても素晴らしかったと感じました。
    いつの世も愛というのは、素晴らしく難解なものだと改めて思った。

  • 満足度

    がっかりでした
    名作の浄瑠璃を下敷きにして、よくもまぁこれほどダサいつまらない脚本が書けたものだとびっくりした。
    バラバラでちぐはぐで筋が通っておらず、上演時間はダラダラと長い。特に現代パートは無駄にとってつけられた感じでひどかった。
    作品に新内を取り入れただけで満足してしまった印象。演奏が素晴らしいだけに残念で、とにかくがっかりした。

  • 満足度★★★

    期待したが・・・
    舞台に音と明かりが入って・・・舞台中央に置かれた着物に様々な角度から照明が当る。まるで着物がものを言っているような、わずかに動いているような錯覚を起した。実にイイ演出だ!と、その後に期待したが、太鼓持ちが話し始めた途端、その期待は萎んだ。お決まりの語り口だが硬い!粋を感じられない。そして続く現代。全体的に芝居を作りすぎているように感じた。ラストの心中シーンのような観客の目が一点集中するときはとても美しい絵がそこにあるのだが、逆に多数の登場人物がいる時、座・高円寺の舞台の空間の高さが仇になっているようにも感じられた。メインのもとアイドルと母親の関係にも違和感を感じる。私には合わなかったようだ。

  • 満足度★★★★★

    素晴らしかった
    現在と過去(現在かも)を交錯させ、元は悲しいお話を、極上のエンターテイメントに、仕上げてました。こんな構成も、有りなんだって思いました。時代劇と現代劇の両方を楽しめて、とってもお得な舞台かも(^O^)/

  • 満足度★★★★★


     新内流しの名作「明烏夢泡雪」をモチーフに書かれた今作。

    ネタバレBOX

    タイトルの示す通り時次郎と浦里の輪廻転生譚であるが、新内が生で唄われ三味がこれも生演奏で入る所が結構あって聞かせてくれる。江戸時代や明治時代迄、喉の良い者は女性にもてた、という話が随所に出てくるが新内節、実に粋である。実際生で新内の入る部分は、道行など見せ場なので猶更である。
     如何に花魁と雖も娼婦は娼婦。金を張られれば自分のマブ以外の男とも寝なければならない。この辺りの事情を絡ませながら女の深く狭い愛を貫く姿は美しい。有名な作品をベースにしているので、内容についてはくどくど言わない。想像がつくだろう。
     演技陣の力量の高さに新旧二組の恋人達相互の嵌入の在り様、音曲のみならず照明など効果の巧み、階段をいくつも組み合わせたような舞台美術とそれを過不足なく使い切る空間処理感覚の鋭さなど、流石、劇作家協会の演目である。さらりと入れた演劇論なども面白いし、余り前面に出さぬようにはしているが、体制への異議申し立ても無論無い訳ではない。但し、今作では純愛に重きが置かれてはいる。が、これだけ完成度が高ければ、これはこれで良しとすべきであろう。大いに楽しめた。

このページのQRコードです。

拡大