演劇

純粋言語をめぐる物語

バベルの塔Ⅱ

あごうさとし

こまばアゴラ劇場(東京都)

他劇場あり:

2016/02/11 (木) ~ 2016/02/14 (日) 公演終了

上演時間:

俳優、太田宏(青年団)武田暁(魚灯)による無人劇


「パサージュ3」につづく、2作品目の無人劇です。太田宏さん、武田暁さんという東西の口語劇を担ってきたプロの俳優と、稽古を重ねています。しかし、二人が劇場に来ることはなく、本番も無人のまま上演されます。二人の演技は、物、映像、空間、関係...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/02/11 (木) ~ 2016/02/14 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 無人
脚本 岸田国士、あごうさとし
演出 あごうさとし
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2015/11/01
一般
前売り:2,800円/当日:3,000円[税込]

学生
前売り:2,000円/当日:2,300円[税込]
サイト

http://gekken.net/atelier/lineup/rr.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月11日(木・祝)  19:30 -
2月12日(金) 14:00-/19:30 -
2月13日(土) 14:00-/18:00-
2月14日(日) 11:00-/14:00-
説明 俳優、太田宏(青年団)武田暁(魚灯)による無人劇


「パサージュ3」につづく、2作品目の無人劇です。太田宏さん、武田暁さんという東西の口語劇を担ってきたプロの俳優と、稽古を重ねています。しかし、二人が劇場に来ることはなく、本番も無人のまま上演されます。二人の演技は、物、映像、空間、関係性に翻訳され、俳優のいない舞台上ではそのアウラが複製されます。

テキストは、岸田国士の「紙風船」「動員挿話」を軸に、1920-30年代と現代の言葉をつなぎます。90年ほど前のひと組の夫婦の言葉を、解体された身体性と結びつける作業でもあります。二人の生の演技は、本年12月5日の芸術センター明倫茶会で披露されますが、一体それがどう無人化するのか、劇的な翻訳をお楽しみください。
その他注意事項 ※開演30分前より受付、15分前開場。
※全ステージでポストパフォーマンストークを行います。
※全席自由オールスタンディング/上演時間約40分を予定。

※未就学児はご入場いただけません。
スタッフ 作・演出
あごうさとし (アトリエ劇研ディレクター)
テキスト
岸田國士 /「紙風船」「動員挿話」ほか
俳優
太田宏 (青年団)
武田暁 (魚灯)

ドラマトゥルク
仲正昌樹 (法哲学者/金沢大学法学類教授)
映像
山城大督 (美術家/映像ディレクター)

音楽
public on the mountain

舞台監督 浜村修司〈GEKKEN staffroom〉
照明 池辺茜〈GEKKEN staffroom〉
音響 小早川保隆
造形 吾郷泰英
映像助手 坂根隆介(ドキドキぼーいず)
宣伝美術 竹内幸生
制作 長澤慶太

[情報提供] 2015/10/27 15:38 by gekken

[最終更新] 2016/02/14 22:45 by ナガサワケイタ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

ago

ago(0)

   

gekken

gekken(0)

     

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大