世田谷パブリックシアター

世田谷パブリックシアター(東京都)

2015/09/30 (水) ~ 2015/09/30 (水) 公演終了

上演時間:

●解体新書とは

現代芸術の世界を構成しているさまざまな分野、要素をパーツに分け解体しながら、それぞれの成り立ちと根拠をあらためて問い直すシリーズです。新たな「日本演劇」の創造と劇場の基礎づくりを目的に、毎回多彩なゲストをお招きし、お互いの専門分野を駆使しながら、共通する必要不可欠なもの=...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/09/30 (水) ~ 2015/09/30 (水)
劇場 世田谷パブリックシアター
出演 野村萬斎、菅野薫、森内大輔、真鍋大度※映像参加、RhizomatiksResearch
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】2015/08/16
一般 4.000円
高校生以下 2,000円
U24 2,000円
友の会会員割引 3,500円
せたがやアーツカード会員割引 3,800円
サイト

http://setagaya-pt.jp/performances/20150730-3509-3.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9/30(水)19:00
説明 ●解体新書とは

現代芸術の世界を構成しているさまざまな分野、要素をパーツに分け解体しながら、それぞれの成り立ちと根拠をあらためて問い直すシリーズです。新たな「日本演劇」の創造と劇場の基礎づくりを目的に、毎回多彩なゲストをお招きし、お互いの専門分野を駆使しながら、共通する必要不可欠なもの=「表現の本質」を探っていく企画です。通常の公演とは一線を画し、内容によって、スタイルもその都度変わるフレキシブルなものを考えております。舞台進行は、野村萬斎がホスト役となり、ゲスト・アーティストと〈トーク&パフォーマンス〉を繰り広げていくものです。ただ一方的に観て、楽しむというだけではなく、より深く舞台芸術を楽しみたいと願っている観客に向けて、その真髄を発信することを目指しています。

●今回のテーマは「解析」。

現代のテクノロジーによって野村萬斎を解析します。

長い年月を経て確立された「型」。その伝承によって芸が保たれてきた狂言の世界は、一見するとアナログ的に思えます。しかし、萬斎は若いころから、自らを“狂言サイボーグ”と称し、「型」を身体にプログラミングすることの必要性・重要性を説いてきました。その芸にひそむデジタル的側面を可視化していくことは、現代だからこそ可能なアプローチです。その解析を担ったのは、メディアアーティスト真鍋大度が率いるライゾマティクス リサーチ。今回の萬斎解析データは本邦初公開です。その可視化される伝統芸能に、時代の先端を走る二人のクリエーティブ・ディレクター、菅野薫(広告)と森内大輔(映像)が迫ります。
その他注意事項 ※未就学児童はご入場いただけません。
スタッフ

[情報提供] 2015/08/26 16:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/08/26 16:14 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大