演劇

見沢知廉没後十年・高橋京子三回忌追悼公演

天皇ごっこ~母と息子の囚人狂時代~

0 お気に入りチラシにする

演劇

見沢知廉没後十年・高橋京子三回忌追悼公演

天皇ごっこ~母と息子の囚人狂時代~

オフィス再生

APOCシアター(東京都)

2015/08/28 (金) ~ 2015/08/30 (日) 公演終了

上演時間:

46年の生涯。12年の獄中生活。左翼、右翼、殺人、作家、という彼の人生を彩った多くのキーワード。
そして、彼の人生にはいつも母高橋京子がいた。息子を信じ、12年の獄中を支え続け、出所から自殺までの10年を見守り続けた。
この作品は、見沢知廉と母の物語だ。彼が遺した『母と息子の囚人狂時代』を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/08/28 (金) ~ 2015/08/30 (日)
劇場 APOCシアター
出演 あべあゆみ、伊織ジュンヤ、磯崎いなほ、齊藤ヒヨコ、嶋木美羽、鶴見直斗、中川智美、永友優
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】2015/07/25
サイト

http://engeki.ne.jp/saisei/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月28日(金)19:30
8月29日(土)13:00/19:00
8月30日(日)14:00

※8月29日(土)19:00のみプレトークあり
説明 46年の生涯。12年の獄中生活。左翼、右翼、殺人、作家、という彼の人生を彩った多くのキーワード。
そして、彼の人生にはいつも母高橋京子がいた。息子を信じ、12年の獄中を支え続け、出所から自殺までの10年を見守り続けた。
この作品は、見沢知廉と母の物語だ。彼が遺した『母と息子の囚人狂時代』をテキストとし、母の生前に取材した様々な事実を積み重ね、母と息子の物語を感られる作品だ。
その他注意事項
スタッフ 原作:見沢知廉
照準機関:髙木尋士
照準助手:市川未来
照明:若林恒美
音響:大和二矢
ヘア&メイク:木下恭子
制作:オフィス再生

[情報提供] 2015/07/06 22:37 by みらい

[最終更新] 2015/11/08 10:13 by みらい

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

直斗CroixProjec†

直斗CroixProjec†(0)

役者・俳優 声優 演出 演出助手 美術 音響 殺陣 舞台監督 制作 当日運営 宣伝美術

記述する一生

鮎

(3)

役者・俳優 モデル

お久しぶりの見沢さん。今回もお世話になります。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大