新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2008/05/27 (火) ~ 2008/06/08 (日) 公演終了

休演日:6/2 (6/3貸切)

上演時間:

太平洋戦争前夜—  決死の覚悟で 日本を守ろうとした男がいた。

 戦後日本を代表する劇作家・木下順二が、20世紀最大のスパイ事件といわれる「ゾルゲ事件」に取材し、1962年に発表した『オットーと呼ばれる日本人』。1930年代から約10年間、激動の上海と東京を舞台に、国際スパイ団に関わった...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/05/27 (火) ~ 2008/06/08 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 吉田栄作、紺野美沙子、グレッグ・デール、ジュリー・ドレフュス、石田圭祐、松田洋治、清水明彦、原千晶、田中利花、那須佐代子、吉田敬一、石橋徹郎、古河耕史、北川響、マイケル・ネイシュタット、鈴木瑞穂、永島敏行
脚本 木下順二
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 6,300円
【発売日】2008/03/22
S席6,300円 A席5,250円 B席3,150円
※料金は消費税込みです。

Z席=1,500円/当日学生券=50%割引(公演当日のみボックスオフィスとチケットぴあ一部 店舗にて販売。1人1枚、電話予約不可。詳しくはボックスオフィスまでお問い合わせください。)
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000037_play.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 太平洋戦争前夜—  決死の覚悟で 日本を守ろうとした男がいた。

 戦後日本を代表する劇作家・木下順二が、20世紀最大のスパイ事件といわれる「ゾルゲ事件」に取材し、1962年に発表した『オットーと呼ばれる日本人』。1930年代から約10年間、激動の上海と東京を舞台に、国際スパイ団に関わったオットーこと尾崎秀実(ほつみ)の戦争回避と平和への願いが鮮烈に描かれます。
 1930年初頭、上海で朝日新聞の特派員として、はじめてジョンスンと呼ばれるドイツ人に出会ったオットー(尾崎)は、日本が無駄な血を流す戦争をどうにか避けたいと、日本国家の機密をジョンスンにわたす諜報活動を始めます。30年代半ば、東京へ戻ったオットーは久々にジョンスンと再会を果たします。「祖国を救うのではない、世界を救うのだ」と語るジョンスンに、日本を救えるのならその為に「罰せられることに僕はむしろ誇りを感じるだろう」と言い切るオットー。二人の男の生き方を対峙させつつ、しかしその間に通う友情をも描きながら、物語はラストに突入していきます。
 かつて「あの時代」を生きた、「オットーと呼ばれる日本人」。そして彼を取り巻くさまざまな眼差し。ナショナルとインターナショナル、生か死か、家庭か世界か、数々の二律背反を乗り越え、インターナショナルであると同時に日本人であるという、多義的視点を持つことによって生き、死んで行った、「オットーという外国の名前を持った、しかし正真正銘の日本人」のドラマがここにあります。
その他注意事項
スタッフ 作 木下順二
演出 鵜山 仁

[情報提供] 2008/03/05 01:08 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/06/20 15:00 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大