演劇

アステールプラザ芸術劇場

びいどろ屋3-LOST LOVE-

@label PRESENS

@label

JMSアステールプラザ 中ホール(広島県)

2007/03/17 (土) ~ 2007/03/17 (土) 公演終了

上演時間:

魂を奏でるライブ時代劇―
 
 
桜の花びらが舞う尼寺。
英跡という名の尼のもとに 一通の手紙が届けられる。それは些細な喧嘩から人を殺し、
生きる為に人斬りとなった男が死んだという知らせだった。
風がびゅっと吹く。
手紙を読んだ英跡は思い出す。
自分が昔、島原で相生と名乗...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/17 (土) ~ 2007/03/17 (土)
劇場 JMSアステールプラザ 中ホール
出演 船木めぐみ(天辺塔)、笹木真之(宴)、ロックバンド「ちきちき」、ほか
脚本 藤井友紀(黄金山アタック)
演出 中村房絵(天辺塔)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2006/12/23
前売り2,500円
当日2,800円
(日時指定・全席自由)
デオデオ本店・ヤマハ・アステールプラザにて販売
サイト

http://yaplog.jp/biidoroya3/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 魂を奏でるライブ時代劇―
 
 
桜の花びらが舞う尼寺。
英跡という名の尼のもとに 一通の手紙が届けられる。それは些細な喧嘩から人を殺し、
生きる為に人斬りとなった男が死んだという知らせだった。
風がびゅっと吹く。
手紙を読んだ英跡は思い出す。
自分が昔、島原で相生と名乗り太夫をやっていたこと。
京の街は戦火にまみれていたこと。
その中で真黙という名の僧と出会ったこと。
幕末の動乱の京で、酒を飲み、男と女が出会う場所であった
島原のびいどろ屋でも、新撰組、薩長入り乱れ、謀略が行き交う。
 
生きるも死ぬも運命と、ただそれだけのことなのに、
生きることに迷う、迷い蜂。
抱きしめられた花の温もりで己の姿を見い出した。
 
 
 
『びいどろ屋』シリーズは、70年代Japanese HARD ROCKの真髄「カルメンマキ&OZ」の楽曲から物語を紡ぎ、トリビュートバンド「ちきちき」とコラボレーションし、幕末の花街を舞台にした「ライブ時代劇」。
 
シリーズ一作目は2003年に劇団太陽another sideⅡとして上演。
第二弾は、2005年晩夏、@labelプロデュースとして、さらにディープに物語りを練り込み、広島近郊で活躍する魅力的な役者陣とますますソウルフルな「ちきちき」を交えた打ち上げ花火。
 
そして、ついに、2007年早春。
 
第三弾となる今回は、作家に、血みどろ愛憎劇で観客を魅了する、血とエロスの女王「黄金山アタック」の藤井友紀、演出は前回に引き続き、空間×役者ですべてをドラマする奇才のデザイナー「天辺塔」の中村房絵がタグを組み、地元演劇界の精鋭が総力を結集させた渾身の一作。
これまで以上により音楽に寄せた構成で、さらに唸る「ちきちき」と、役者が身体で語るダイナミックなライブ芝居を展開します。
 
どうぞご贔屓に。ご期待ください。
その他注意事項 ロックバンド「ちきちき」の生演奏は大音響のため、ご注意ください。
スタッフ プロデューサー:
 金沢章子(@label)

舞台監督:
 間田 敏((株)フルライトユニオンコーポレーション)

照明:
 村上哲也((株)フルライトユニオンコーポレーション)

音響:
 村上政夫((株)スタックストラスト)

特殊効果:
 山本昌生((有)森上煙火工業所)

振付:
 高橋さいこ

殺陣:
 田中暁弘

ほか

[情報提供] 2007/01/13 02:45 by トム(snail-house)

[最終更新] 2007/03/06 02:52 by トム(snail-house)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トム(snail-house)

トム(snail-house)(1)

制作・写真撮影で関わっています。 ロックバンドの生演...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大