演劇

KAC Performing Arts Program2015 / Contemporary Theater Program

演劇計画Ⅱ-戯曲創作- 柳沼昭徳 作・演出 『新・内山』

デザイン:メインビジュアル 横田勲

0 お気に入りチラシにする

演劇

KAC Performing Arts Program2015 / Contemporary Theater Program

演劇計画Ⅱ-戯曲創作- 柳沼昭徳 作・演出 『新・内山』

京都芸術センター

京都芸術センター(京都府)

2015/10/02 (金) ~ 2015/10/05 (月) 公演終了

上演時間:

彼は闇の中、その者たちと共に高みに向かった。標高なのか、名誉なのか、精神なのか、そこに待っている高みがどのような類のものなのか、彼自身興味は失せていた。立ち止まり、黙々と進む人々の行列を眺め、感慨深くため息をついた。そしてかつての孤独と不安に思いをはせて、実は、この連帯こそが達すべき目的だった...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/02 (金) ~ 2015/10/05 (月)
劇場 京都芸術センター
出演 桑折現、阪本麻紀、今井美佐穂、柏木俊彦、ほか
脚本 柳沼昭徳
演出 柳沼昭徳
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,000円
【発売日】2015/08/01
一般=前売3,500円/当日4,000円
学生=前売3,000円/当日3,500円(当日学生証要呈示)
サイト

http://www.kac.or.jp/events/16407/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月2日(金)18:00 
10月3日(土)14:00
10月4日(日)14:00
10月5日(月)18:00
※受付開始は開演の60分前
説明 彼は闇の中、その者たちと共に高みに向かった。標高なのか、名誉なのか、精神なのか、そこに待っている高みがどのような類のものなのか、彼自身興味は失せていた。立ち止まり、黙々と進む人々の行列を眺め、感慨深くため息をついた。そしてかつての孤独と不安に思いをはせて、実は、この連帯こそが達すべき目的だったのかもしれない、そんな気分にもなった。けれど、体の震えも止まなければ、たずさえた骨も鳴きつづけていた。
空が白み始め、彼らの行く手にぼんやりとバリケードが姿を現した。骨は合図よろしく一層やかましく白磁を打ち鳴らした。
いよいよ、彼が新・内山となる時がやって来たのだ。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:井上知也
照明:魚森理恵
音楽:中川裕貴/山崎昭典
音響:齋藤学
美術:杉山至
宣伝美術:清水俊洋
メインビジュアル:横田勲

[情報提供] 2015/06/29 18:45 by KAC

[最終更新] 2016/01/06 11:12 by KAC

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大