演劇

第二回福岡演劇フェスティバル参加作品

ロン通り十三番地

デザイン:阿比留由貴

0 お気に入りチラシにする

演劇

第二回福岡演劇フェスティバル参加作品

ロン通り十三番地

F's Company

西鉄ホール(福岡県)

2008/05/11 (日) ~ 2008/05/11 (日) 公演終了

上演時間:

貿易港として栄えた都市、シンワン。世界中の文化が入り交じり、多くの知識人がそれを求めてやって来た。その中で発展した『ロン』と呼ばれる義肢技術。シンワン独自の手法で作られた『ロン』は、やがて兵器として、その名を世界に記すことになった。だが、敗戦を境に、破壊のために発展した『ロン』の技術は、破壊の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

長崎を拠点に活動するF's Companyの演劇公演「ロン通り十三番地」の予告映像です。東京国際芸術祭2007リージョナルシアターシリーズ、福岡演劇フェスティバル・チャンス枠参加作品。

公演詳細

期間 2008/05/11 (日) ~ 2008/05/11 (日)
劇場 西鉄ホール
出演 川内清通、篠崎雅、松本恵
脚本 福田修志
演出 福田修志
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2008/03/01
前売り2500円、当日3000円
全席自由
サイト

http://www.fs-company.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 貿易港として栄えた都市、シンワン。世界中の文化が入り交じり、多くの知識人がそれを求めてやって来た。その中で発展した『ロン』と呼ばれる義肢技術。シンワン独自の手法で作られた『ロン』は、やがて兵器として、その名を世界に記すことになった。だが、敗戦を境に、破壊のために発展した『ロン』の技術は、破壊のために傷ついた者を助けることになった。復興を目指す平和の象徴として・・・。
『誰も皆 明日を掴む手を求め 歩く夢見る ロン通り十三番地』
ロン工房が立ち並ぶ『ロン通り』には、歴史と文化の音が、鳴り響いていた。
その他注意事項 未就学児入場不可
スタッフ 【舞台監督】村岡崇大
【美術デザイン】山崎芳哉(SET SCENE)
【照明】友永貴久
【音響】松浦克至(Listen)
【衣裳】蒔田尚美・松本 恵
【宣伝美術】阿比留由貴
【制作】岡田 彩

【音楽】橋本 剛(無礼面の音楽隊)
【劇作アドバイザー】平田オリザ(青年団)

[情報提供] 2008/03/01 04:57 by しゅうじ

[最終更新] 2008/05/19 12:51 by しゅうじ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

みやこん

みやこん(0)

たくさんのお客様に観に来ていただき、本当にありがとうご...

めぐみ

めぐみ(1)

稽古真っ最中です! 長崎からやってくる、未知数な舞台...

ミヤビ

ミヤビ(0)

東京でのリーディング公演 長崎、佐世保公演を経て ...

このページのQRコードです。

拡大