最後の愛人 公演情報 最後の愛人」の観たい!クチコミ一覧

期待度の平均 4.8
1-11件 / 11件中
  • 期待度♪♪♪♪♪

    純愛
    イメージとは異なる純愛物語、どんな物語が綴られるのか気になります!

  • 期待度♪♪♪♪♪

    作品を多少知ってる位なので・・・
    作者の人物像に迫る作りに期待します!

  • 期待度♪♪♪♪♪

    SとM
     実践するとなれば、それはとてもデリケートなものだろう。心理的な要素も強いと思われる。それは、サドの作品が、監獄内で書かれたことにも通じるかもしれない。だからこそ、妄想は極端に走っている側面があるのではないか? 何より、あの徹底的な論理構成の面白さは類を見ない。サド裁判で渋沢 龍彦が検察など司法関係者をからかっているのもこの点である。要するにボンクラには分からないと言っているのだ。その精妙も機知も。

  • 期待度♪♪♪♪

    大人の味わいか。
    「47の年の差は大きな壁ではなかった」という一言が凄いですね。
    それが壁でないのに何が壁になるというのか。

    大人の純愛、味わってみたいものです。

  • 期待度♪♪♪♪

    団鬼六センセイの純愛物語
    胸が高まりますね。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    小説とは違う視点を期待しています。
    団鬼六の小説をどのように舞台化されるのか、とても興味があります。もともと小説は読む個人によって様々に捉えられますが、脚本家の視点と更に演出家の視点とで、どのような舞台になるのか、小説とは違う視点を気づかせてくれるのではないかと期待しています。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    実と虚
    人間得てして心の中と真逆な行動に憧れる部分があるのではないか。
    興味深いので、是非とも観たいです!

  • 期待度♪♪♪♪♪

    観たい
    愛人なのに純愛???不思議です。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    期待してます
    「見えない壁」を演劇を通じてじっくり考えてみたい。期待しています。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    純愛物語
    原作は未読ですが、団鬼六さんのイメージとは違う純愛物語との事。
    奥深い世界を魅せて欲しい。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    要・注目。この原作を舞台化するのか。楽しみ。
    団鬼六のエッセイや自伝・私小説は、ほぼ全て読んでいる。

    この原作も読んでいるが、どんなふうに舞台化されるのか。興味深い。

    以前、某作品で佐倉萌が団鬼六を好演していたが、あれを越えることができるか。

    子の目で見届けたい。

このページのQRコードです。

拡大