演劇

新宿梁山泊第55回公演

二都物語

デザイン:宇野亞喜良、福田真

0 お気に入りチラシにする

演劇

新宿梁山泊第55回公演

二都物語

新宿梁山泊

花園神社(東京都)

2015/06/20 (土) ~ 2015/06/28 (日) 公演終了

上演時間:

海峡を渡って兄を探しに来た女リーラン(ジャスミン)は街角で道行く人に100円をせびって生きている、ある日盲の妹を連れた男内田に出会う、内田を兄と思い込んだリーランは自分が妹に成り代わろうと、近づくが、万年筆工場の火事で死んだ少女達の幻影、赤い木馬に乗った少女、戸籍のない幽霊民族、  
様々な...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/06/20 (土) ~ 2015/06/28 (日)
劇場 花園神社
出演 大鶴義丹、大久保鷹、趙博、三浦伸子、渡会久美子、水嶋カンナ
脚本 唐十郎
演出 金守珍
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 4,500円
【発売日】2015/04/18
前売り 指定席4,500円 自由席3,500円 学生席2,800円  当日は各500円増
サイト

http://www5a.biglobe.ne.jp/~s-ryo/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月20日(土)19:00
  21日(日)19:00
  22日(月)19:00
  23日(火)19:00
  24日(水)19:00
  25日(木)19:00
  26日(金)19:00
  27日(土)19:00
  28日(日)19:00
説明 海峡を渡って兄を探しに来た女リーラン(ジャスミン)は街角で道行く人に100円をせびって生きている、ある日盲の妹を連れた男内田に出会う、内田を兄と思い込んだリーランは自分が妹に成り代わろうと、近づくが、万年筆工場の火事で死んだ少女達の幻影、赤い木馬に乗った少女、戸籍のない幽霊民族、  
様々な悪夢に翻弄された2人がたどる道行きは、、、、唐十郎が描く海峡を越えたロマン大作。

昨年、「ジャガーの眼」に続き唐作品に主演する大鶴義丹、初演時のキャストであり状況劇場を体現してきた役者:大久保鷹、「二都物語」にずっと思いを寄せてきた金守珍の積年の情熱が実り、40余年じっと息を秘そめてきた名作が上演されます。
花園神社に荒波逆巻く海峡が出現し、波の中を赤い木馬に乗って渡る1人の女、、、、、、
テントならではのスペクタクルな演出と、叙情あふれる言葉が花園の初夏に舞い踊り、皆様を幻想的な世界にご案内致します。どうぞ、ご期待ください。

その他注意事項 未就学児のご入場については事前にご相談ください。
車椅子でのご入場は事前にご相談ください。
スタッフ 作/唐 十郎 演出/金 守珍 美術/宇野亜喜良 
美術助手/野村直子
装置/大塚聡+百八竜 照明/泉次雄+ライズ 
音響/N-TONE 劇中歌作曲/大貫誉 振付/大川妙子、
殺陣/佐藤正行
宣伝美術/宇野亜喜良(イラスト)、福田真一(デザイン)

[情報提供] 2015/04/20 17:05 by 新宿梁山泊

[最終更新] 2015/07/04 16:32 by 新宿梁山泊

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大