演劇

劇団クセックACT設立35周年記念

『アラバールからの「愛の手紙」』

劇団クセックACT

愛知県芸術劇場 小ホール(愛知県)

他劇場あり:

2015/05/21 (木) ~ 2015/05/24 (日) 公演終了

上演時間:

“どれだけママのことが好きなのか、ぼく、ことばにできないよ。

ママはボッティチェリの『春』みたい。

でも、ぼくだけの女神だよ。”



 スペインの現代劇作家 フェルナンド・アラバール(1932~)は、これまでに100本以上の戯曲を書いた不条理劇の雄です。
 悲劇と道化芝...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/05/21 (木) ~ 2015/05/24 (日)
劇場 愛知県芸術劇場 小ホール
出演 榊原忠美、永野昌也、玉川裕士、山田吉輝、山形龍平、久保川真守、火田詮子、平井智子、大西おに、今枝千恵子、柴田真佑、川瀬結貴
脚本 フェルナンド・アラバール(原作『愛の手紙ー中国風殉教」『建築家とアッシリア皇帝』)、田尻陽一(翻訳)
演出 神宮寺啓(構成・演出・舞台美術)
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売/一般・学生 3000円、中高生2000円
当日/一般・学生 3500円、中高生2000円

サイト

http://www.ksec-act.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月21日(木) 19:30~
5月22日(金) 19:30~
5月23日(土) 15:00~
5月24日(日) 15:00~

説明 “どれだけママのことが好きなのか、ぼく、ことばにできないよ。

ママはボッティチェリの『春』みたい。

でも、ぼくだけの女神だよ。”



 スペインの現代劇作家 フェルナンド・アラバール(1932~)は、これまでに100本以上の戯曲を書いた不条理劇の雄です。
 悲劇と道化芝居、詩と俗悪、愛とエロチシズム、悪趣味と洗練された美観、神聖と冒涜といったものが同居しています。


〈クセックACT演出 神宮寺啓〉
「追憶に対する狂気!
息子への愛憎!で、母親の見失っている現実の世界が“朦朧”としている。
その“朦朧”の中に全ての人間が見える。
その人間が、現代のどのポジションにいるのかを考えてみたい。
それは、例えば収容所か?」

「作品にもっともっと劇性を持たせたい。
“混乱”を魅惑的な劇性としたい!」



 スペイン内戦時のアラバール自身を反映した『愛の手紙』(1999)に、代表作『建築家とアッシリア皇帝』(1966)のシーンを埋め込む構成。

 母子愛憎をこれでもかと際立たせた戯曲に、スペイン公演計8回を数え、日本で最もスペインに近い劇団と言われる、「動く絵画」クセックACTが挑みます。

その他注意事項  上演作品のベースとなる『愛の手紙』(1999)は、田尻陽一が新たに翻訳、『現代スペイン演劇選集Ⅱ』(カモミール社 2015年3月出版)に掲載されています。
スタッフ 振付    永野昌也
舞台監督 鈴木寛史
音響    田中徹
照明    則武鶴代
衣装    ツボイヒロミ
舞台写真 和玖瞬
制作    クセックACT
制作協力 橋本優美、武田仁美

[情報提供] 2015/04/02 09:21 by tamagawaya_uc

[最終更新] 2015/04/09 05:47 by tamagawaya_uc

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

山形龍平

山形龍平(0)

役者・俳優 脚本 演出

出演しました。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大