ブルドッキングヘッドロック

サンモールスタジオ(東京都)

2008/05/22 (木) ~ 2008/06/01 (日) 公演終了

上演時間:

僕の同級生に彼女ができました。

二学期が始まって数日が過ぎた頃です。放課後の渡り廊下であいつは、僕のことをまるで年下の、部活の後輩でも見るような目つきで見やりながら、もじもじと打ち明けたのです。

「いやはや、楽しいわ毎日。」

運動は苦手だし、勉強もそこそこだし、美術部だし、幽...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/05/22 (木) ~ 2008/06/01 (日)
劇場 サンモールスタジオ
出演 小島聰、深澤千有紀、三科喜代、西山宏幸、寺井義貴、篠原トオル、永井幸子、猪爪尚紀、馬場泰範、山口かほり、藤原よしこ、喜安浩平、清水洋介(SpaceNoid)、岩堀美紀、黒木絵美花、伊藤聡子、佐藤幾優(boku-makuhari)
脚本 喜安浩平(ナイロン100℃)
演出 喜安浩平(ナイロン100℃)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2008/04/12
前売/3,200円
当日/3,500円
☆平日昼割(5/28(水)14時の回)/2,800円(前売・当日共)
学割/2,500円(前売・当日共 ※公演当日要学生証)
サイト

http://www.bull-japan.com/omae/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 僕の同級生に彼女ができました。

二学期が始まって数日が過ぎた頃です。放課後の渡り廊下であいつは、僕のことをまるで年下の、部活の後輩でも見るような目つきで見やりながら、もじもじと打ち明けたのです。

「いやはや、楽しいわ毎日。」

運動は苦手だし、勉強もそこそこだし、美術部だし、幽霊部員だし、たいした性格してないし、そんなあいつのまばゆい笑顔! 僕は顔にこそ出さなかったけど心底あいつを蔑みました。だけどすぐ立ち直りました。あいつの彼女というのが、クラスの中でも下から5番目位の、一番微妙な感じの女子だったからです! ざまあみろ! いい気味だ! そんなあいつが僕のたった一人の友だちです。

あいつは、今度は僕の番だと言います。僕に彼女を作ってやるというのです。いい気になりやがって。だけどThankyou! 使える者は親でも使うが僕の信条です。どうか僕とあの子を結びつけてくれますように。

あの子は僕と同じ美術部員。放課後の美術室、あの子がこつこつと描きあげた油彩は、それはそれは見事な裸婦でした。いったいどうして裸婦を。いったいどうやって裸婦を。いったいどこの裸婦を! 僕の脳内はあの子と裸婦とでいっぱいで、裸婦があの子であの子が裸婦で! あの子が裸でやってくる! うわあ! 柔らかい! 凄い柔らかさだ! んあああああ!!!

“裸婦”がこつ然と消えた事件は、風も冷たくなった秋の頃に起きました。あの子は一人、静かに泣いていました。

「チャンスじゃん。」あいつが僕にささやきました。

喜安浩平
その他注意事項
スタッフ 【舞台美術】長田佳代子
【照明】斎藤真一郎(A.P.S)
【音響】水越佳一(モックサウンド)
【舞台監督】スズキサオリ
【音楽】西山宏幸
【映像】篠原トオル/猪爪尚紀
【衣裳】山口かほり
【演出助手】加納健詞(KENプロデュース)
【宣伝美術】オカイジン
【モデル】佐伯佳奈杷
【記録映像】吉良山健一
【スチール】nana
【映像操作】諸田奈美
【衣裳協力】森川美香
【WEB】寺井義貴
【制作】田中絵美(J-Stage Navi)

[情報提供] 2008/02/16 17:48 by 肉と飯

[最終更新] 2009/04/22 01:16 by 肉と飯

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー10

女豹

女豹(0)

女子高生役はお手のものです。

みどり

みどり(2)

役者・俳優

參加しました

もりきゅー

もりきゅー(285)

役者・俳優 その他(スタッフ)

大道具やらせていただきました。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大