SOUND THEATRE

Zeppブルーシアター六本木(東京都)

2015/03/28 (土) ~ 2015/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

-見えなくても 心に浮かび上がるもの-
サウンドシアターは、目だけでなく心で観る舞台です。

実力派のミュージシャン、声優や俳優、落語家など、様々なアーティストがコラボする新感覚の音楽朗読劇。

従来の朗読劇にはなかった言葉の上だけで成立する「掛け合い」的要素を落語や義太夫の古...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/03/28 (土) ~ 2015/03/29 (日)
劇場 Zeppブルーシアター六本木
出演 諏訪部順一、沢城みゆき、井上和彦、土屋雄作、TAMATSUBOI、美鵬直三朗、髙鳥天真
脚本 藤沢文翁
演出 藤沢文翁
料金(1枚あたり) 7,800円 ~ 7,800円
【発売日】2015/02/08
サイト

http://theone.soundtheatre.jp/index.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015年03月28日(土)
開場時間/開演時間 17:15開場/18:00開演
2015年03月29日(日)
開場時間/開演時間 11:15開場/12:00開演
2015年03月29日(日)
開場時間/開演時間 16:15開場/17:00開演
説明 -見えなくても 心に浮かび上がるもの-
サウンドシアターは、目だけでなく心で観る舞台です。

実力派のミュージシャン、声優や俳優、落語家など、様々なアーティストがコラボする新感覚の音楽朗読劇。

従来の朗読劇にはなかった言葉の上だけで成立する「掛け合い」的要素を落語や義太夫の古典から抽出、物語と連動する「香り」の使用、さらに音楽劇やミュージカル、オペラなど特徴的な音楽用法など、五感を刺激する演出を取り入れた、他にはない「手に汗握り 見えないものが浮かび上がる」音楽朗読劇です。

~その男、新選組最後の生き残り~


明治9年廃刀令の前夜、北海道五稜郭には怪しげな噂が流れていた。全滅したはずの新選組の亡霊が現れ、政府の人間を斬ってまわっていると。初めは笑い飛ばしていた明治政府も、日増しに増える犠牲者を看過できなくなり、一人の男に密命を下した。その男は、唯一新選組の顔を判別できる男。男の名前は斎藤一、新選組の生き残りである。かつては新選組三番隊組長を務めたこの男も今では、妻子を養うために政府の犬になりさがり、しがない警官として生きている。

「もし本物だとして、どのツラ下げて会いにいける?」

消えない記憶、大好きだった仲間達、過去の自分を前へ進ませない記憶の足かせ、桜の亡霊・・・。仲間とは? 家族とは? 本当の強さとは? 明治時代、最強に強かった男が過去を斬る。
その他注意事項 ※未就学児童の入場不可
スタッフ 音楽監督:土屋雄作
舞台監督:黒田大輔 [ クリエイト大阪 ]
照明:久保良明 [ エヂソンライトハウス ]
音響:佐藤日出夫 [ エス・シー・アライアンス ]
美術:中山裕人 [ 日本ステージ ]
ステージデザイン:伊久美和孝 [ 日本ステージ ]
特効:兒嶋洋一郎 [ ナゲッツ ]
ヘアメイク:MAMI
衣裳:大戸美貴 [ 東宝舞台 ]
ウェブサイト制作:飯川亮・橋本幸哉・赤池優希 [ ブルージラフ ]
協力:iNK ENTERTAINMENT
ディスクガレージ
俳協
B-Box
マウスプロモーション
リバティ・ コンサーツ
[ 50音順 ]

会場協力:Zeppブルーシアター六本木(東京公演)
森ノ宮ピロティホール(大阪公演)

制作協力:藤野和美・荘司雅子・小田未希 [ オフィス・REN ]

AP・デザイン:藤野哲士 [ アハバ音楽工房 ]
エグゼクティブプロデューサー:青木照和 [ アハバ音楽工房 ]

制作:アハバ音楽工房
主催:サウンドシアター事務局

[情報提供] 2015/02/12 15:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/03/25 17:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大