舞踊・バレエ

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2015/10/09 (金) ~ 2015/10/18 (日) 公演終了

休演日:10月12日、13日、14日、15日

上演時間:

日本が世界に誇る「近松門左衛門」を共通テーマとしたコンテンポラリーダンス公演「近松ダンス弐題」を4シーズンぶりに上演します。
Aプログラムで上演するのは「曽根崎心中」を題材とし、加賀谷香が4名の魅力的な男性出演者を相手に「エロスと死」をダンスと音楽、語りで描いた『エゴイズム』。2011年11...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/09 (金) ~ 2015/10/18 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,240円 ~ 5,400円
【発売日】2015/08/22
A席:5400円
B席:3240円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/dance/performance/150109_006134.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル Aプログラム 2015年10月9日(金)7:00
Aプログラム 2015年10月10日(土)2:00 ※託児サービス利用可
Aプログラム 2015年10月11日(日)2:00
Bプログラム 2015年10月16日(金)7:00
Bプログラム 2015年10月17日(土)2:00 ※託児サービス利用可
Bプログラム 2015年10月18日(日)2:00
説明 日本が世界に誇る「近松門左衛門」を共通テーマとしたコンテンポラリーダンス公演「近松ダンス弐題」を4シーズンぶりに上演します。
Aプログラムで上演するのは「曽根崎心中」を題材とし、加賀谷香が4名の魅力的な男性出演者を相手に「エロスと死」をダンスと音楽、語りで描いた『エゴイズム』。2011年11月初演の舞台は、第6回日本ダンスフォーラム賞を受賞。待望の再演となります。
Bプログラムでは「近松の女」と題して、日本舞踊・バレエ・フラメンコ、それぞれの分野のトップで活躍する女性ダンサー3名が、近松作品に登場する女たちを描きつつ、美を競います。
その他注意事項
スタッフ Aプログラム
「エゴイズム」 加賀谷 香 Dance-SHAN

作・出演 加賀谷 香
出演 近藤良平 佐藤洋介 辻本知彦 ほか
音楽 笠松泰洋
振付協力 二見一幸 柳本雅寛
衣裳・ローブドキモノ 若槻せつ子 清水典子

Bプログラム
「近松の女」 吾妻徳穂(日本舞踊) 酒井はな( バレエ) 蘭このみ(フラメンコ)

I「梅川」
振付・出演 蘭 このみ
音楽・演奏 染谷ひろし 稲津清一(ギター) 手塚 環(カンテ[歌])
II「近松リポーターズ」
出演 酒井はな 島地保武
音楽 古川展生(チェロ)
演出・振付島地保武
III「五生」
振付・出演 吾妻徳穂
作調・演奏 藤舎堆峰(笛) ほか 琴・胡弓

[情報提供] 2015/02/04 15:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/10/11 00:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大