新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2015/03/07 (土) ~ 2015/03/08 (日) 公演終了

上演時間:

日本独自の創作舞踊のパイオニアたちの作品を復元上演し、日本の洋舞の原点を確認すると共に「今」そして「未来」を展望する企画の第2弾。第一回目の公演は2014年6月に中劇場で上演されました。
この企画は、社団法人現代舞踊協会の協力のもとに実施されます。



埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/03/07 (土) ~ 2015/03/08 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,240円 ~ 6,480円
【発売日】2014/12/14
S席 6,480円
A席 5,400円
B席 4,320円
C席 3,240円

サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/dance/performance/150307_003726.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015年3月7日(土)3:00 ※託児サービス利用可
2015年3月8日(日)3:00
説明 日本独自の創作舞踊のパイオニアたちの作品を復元上演し、日本の洋舞の原点を確認すると共に「今」そして「未来」を展望する企画の第2弾。第一回目の公演は2014年6月に中劇場で上演されました。
この企画は、社団法人現代舞踊協会の協力のもとに実施されます。



その他注意事項
スタッフ 第一部

「機械は生きている」(1948年)


【振付・音楽】石井 漠
【演奏】加藤訓子(打楽器)
【出演】石井 登 ほか
「マスク」(1923年)


【振付】石井 漠
【音楽】アレクサンドル・スクリャービン
【出演】石井かほる
「恐怖の踊り」(1932年)


【振付】執行正俊
【音楽】マヌエル・デ・ファリャ『恋は魔術師』より
【出演】小林洋壱
「釣り人」(1939年)


【振付】檜 健次
【音楽】宇賀神味津男
【演奏】河内春香(ピアノ)
【出演】片岡通人
「スカラ座のまり使い」(1935年)(3つのバージョンでの上演)


【振付】江口隆哉
【音楽】フランツ・シューベルト『スケルツォ』D593
【演奏】河内春香(ピアノ)
【出演】Ⅰ 木原浩太
    Ⅱ 西川箕乃助
    Ⅲ 佐藤一哉  堀 登
第二部

「体(たい)」(1961年)


【振付】石井みどり
【音楽】イーゴリ・ストラヴィンスキー『春の祭典』
【装置・衣裳】前田哲彦
【出演】酒井はな  佐々木 大 ほか

[情報提供] 2015/02/04 14:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/03/08 20:01 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大