舞踊・バレエ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2016/06/11 (土) ~ 2016/06/19 (日) 公演終了

休演日:6月13日、14日、15日、16日

上演時間:

誰もが知る物語が豪華で美しいバレエに
めくるめくバレエ・アドベンチャー

2008年にビントレー前芸術監督が新国立劇場のために振り付けた全幕バレエ『アラジン』を再演します。ビントレー振付作品の特徴である、エンターテインメント性と芸術性が見事に調和した舞台は、新国立劇場で世界初演の後、英国...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/11 (土) ~ 2016/06/19 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演
演出 デヴィッド・ビントレー
振付 デヴィッド・ビントレー
料金(1枚あたり) 3,240円 ~ 12,960円
【発売日】2016/02/13
S席 12,960円
A席 10,800円
B席 7,560円
C席 4,320円
D席 3,240円
Z席 1,620円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/performance/150109_006132.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2016年6月11日(土)2:00
2016年6月12日(日)2:00 ※託児サービス利用可
2016年6月17日(金)未定
2016年6月18日(土)2:00 ※託児サービス利用可
2016年6月19日(日)2:00 ※託児サービス利用可
説明 誰もが知る物語が豪華で美しいバレエに
めくるめくバレエ・アドベンチャー

2008年にビントレー前芸術監督が新国立劇場のために振り付けた全幕バレエ『アラジン』を再演します。ビントレー振付作品の特徴である、エンターテインメント性と芸術性が見事に調和した舞台は、新国立劇場で世界初演の後、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団や米国ヒューストン・バレエ団で上演されるなど、ビントレーの代表作として国際的にも高い評価を得ています。振付の妙味に加え、カール・デイヴィスの親しみやすい音楽、空飛ぶじゅうたんやランプの精の登場シーンなど夢いっぱいの華やかな演出。バレエを初めてご覧になるお客様や、子どもから大人まで全ての世代の方々にお楽しみいただけます。

ものがたり

にぎやかなアラビアの市場。この街に住む青年アラジンは、仕事もせずに毎日遊んでばかり。今日も騒ぎを起こして警備隊に捕まるが、魔術師マグリブ人が彼を助け出す。マグリブ人はアラジンに、砂漠の洞窟に入ってランプを取ってくるようもちかける。洞窟の財宝に目が眩んで了承したアラジンだったが、マグリブ人にランプを渡すのを拒んだため洞窟に閉じ込められてしまう。真っ暗闇の中でアラジンがランプをこすると、ランプから精霊ジーンが登場!ランプの持ち主の願いを叶える力を持つジーンによって、アラジンは洞窟から脱出する。さらに、皇帝の娘であるプリンセスに恋したアラジンは、ジーンを呼び出し大富豪に変身。皇帝の許しを得て2人は盛大な結婚式を挙げる。
晴れて夫婦となったアラジンとプリンセス。ある日、アラジンの外出中に物乞いがやってきて、プリンセスに古いランプを新品と交換すると言う。何も知らないプリンセスは、アラジンの古ぼけたランプを渡してしまう。しかし、この物乞いはマグリブ人の変装だった。マグリブ人はさっそくジーンを呼び出し、プリンセスをハーレムへさらってしまう。2人を追いかけ、ハーレムに忍び込んだアラジンはランプを奪還。プリンセスを救いだし、魔法の絨毯に乗って飛んで行くのだった。
その他注意事項
スタッフ 音楽 カール・デイヴィス
演出・振付 デヴィッド・ビントレー
舞台装置 ディック・バード
衣裳 スー・ブレイン
照明 マーク・ジョナサン
指揮 ポール・マーフィー
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2015/02/04 14:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/06/22 15:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大