演劇

【D.R.P.リーディングセッションvol.2】

うかうか三十、ちょろちょろ四十

「戯れの会」

pit北/区域(東京都)

2008/02/15 (金) ~ 2008/02/16 (土) 公演終了

上演時間:

D.R.P.では戯曲の下に集う――をモットーに、戯曲を掘り下げ、読み解くことで生まれる様々なドラマを、音楽劇や演劇として生み出しています。さらに「みせるリーディング」をD.R.P.リーディングセッションと名づけ、行っていきます。第2弾は日本の現代演劇に欠かせない劇作家、井上ひさしの作品です。作...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/02/15 (金) ~ 2008/02/16 (土)
劇場 pit北/区域
出演 森下庸之、板橋恭史、宮崎優里、松山立、松垣陽子、チェロ演奏:今林加笑
脚本 井上ひさし
演出 多和田真太良
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://blog.livedoor.jp/shintaryo/archives/50369000.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 D.R.P.では戯曲の下に集う――をモットーに、戯曲を掘り下げ、読み解くことで生まれる様々なドラマを、音楽劇や演劇として生み出しています。さらに「みせるリーディング」をD.R.P.リーディングセッションと名づけ、行っていきます。第2弾は日本の現代演劇に欠かせない劇作家、井上ひさしの作品です。作家の若くかつ鋭利な感性が、東北弁の温かみと明快な物語で語られていきます。そんな本と、若い俳優の感性とが見事にセッションする様をぜひご覧下さい。
その他注意事項 2月15日(金)18:00
16日(土)13:00/18:00

会場:pit北/区域(JR・地下鉄王子駅すぐ) 
スタッフ 照明:大野正光(あかり組) 衣裳:高橋夏江 着付:内藤千沙
方言指導:武田悠
演出助手:秋葉由美子
宣伝美術:藤側宏大 題字:新倉優
製作:Drama Reading Project


[情報提供] 2008/02/13 18:57 by みさ

[最終更新] 2013/05/20 01:24 by ねこにゃん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ガッキャマン

ガッキャマン(38)

役者でかかわっています

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大