演劇

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

他劇場あり:

2015/05/13 (水) ~ 2015/05/31 (日) 公演終了

休演日:5/18,25

上演時間:

「JAPAN MEETS...─現代劇の系譜をひもとく─」シリーズの第十弾として、イプセン作『海の夫人』が登場。宮田慶子芸術監督の演出で上演したシリーズ第一弾『ヘッダ・ガーブレル』に続き、今回もアンネ・ランデ・ペータスと長島確によるノルウェー語からの新翻訳を、宮田演出でお贈りします。

個...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/05/13 (水) ~ 2015/05/31 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 麻実れい、村田雄浩、大石継太、眞島秀和、橋本淳、横堀悦夫、太田緑ロランス、山﨑薫
脚本 ヘンリック・イプセン
演出 宮田慶子
料金(1枚あたり) 3,240円 ~ 5,400円
【発売日】2015/03/07
A席 5,400円
B席 3,240円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/150501_003733.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「JAPAN MEETS...─現代劇の系譜をひもとく─」シリーズの第十弾として、イプセン作『海の夫人』が登場。宮田慶子芸術監督の演出で上演したシリーズ第一弾『ヘッダ・ガーブレル』に続き、今回もアンネ・ランデ・ペータスと長島確によるノルウェー語からの新翻訳を、宮田演出でお贈りします。

個人の自由意志と夫婦の繋がりを描き1888年に出版された本作は、翌年ノルウェーとドイツで同時上演され大成功をおさめ、北欧諸国でも相次ぎ上演されました。

自由を求め、海のような強い生命力を秘めた神秘的な主人公エリーダには、独特の存在感でますます輝きを放つ麻実れい。新国立劇場には『サロメ』以来3年ぶりの登場です。そして、エリーダを大きな存在で包み込む夫ヴァンゲル役には、2013年3月『長い墓標の列』で力強い演技をみせた村田雄浩があたります。


その他注意事項
スタッフ 翻訳 アンネ・ランデ・ペータス、長島 確

美術 池田ともゆき
照明 中川隆一
音響 上田好生
衣裳 半田悦子
ヘアメイク 川端富生
演出助手 渡邊千穂
舞台監督 福本伸生

[情報提供] 2015/01/27 07:09 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/12/20 17:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大