舞踊・バレエ

大野一雄舞踏研究所

BankART Studio NYK(神奈川県)

2015/02/10 (火) ~ 2015/02/15 (日) 公演終了

上演時間:

「手術室より」
1933年江口隆哉と宮操子がドイツにて創作初演。しかし、資料は一枚の写真と江口のコメントと短いレビューのみ。記念碑的作品を岡登志子と垣尾優が現代に再現する。

「大野一雄について」
2013年6月「ダンスがみたい!」にて初演。同年10月「大野一雄フェスティバル」にて再演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/02/10 (火) ~ 2015/02/15 (日)
劇場 BankART Studio NYK
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,000円
【発売日】
1日券 ¥3,000
2日券¥5,000

TPAM参加登録者特典: 2日券 ¥4,500
サイト

http://www.tpam.or.jp/2015/program/tpamshowcase/dance_archive_project_2015/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 岡登志子・垣尾優『手術室より』
大野慶人『タンゴ』
川口隆夫『大野一雄について』
プロジェクト大山『をどるばか』
BankART Studio NYK 3F Hall

『手術室より』
『大野一雄について』(ショートバージョン)
『タンゴ』
2.10 Tue19:30
2.11 Wed18:00

『大野一雄について』(フルバージョン)
2.12 Thu19:30
2.13 Fri20:30

『をどるばか』
2.14 Sat16:00
2.15 Sun16:00
説明 「手術室より」
1933年江口隆哉と宮操子がドイツにて創作初演。しかし、資料は一枚の写真と江口のコメントと短いレビューのみ。記念碑的作品を岡登志子と垣尾優が現代に再現する。

「大野一雄について」
2013年6月「ダンスがみたい!」にて初演。同年10月「大野一雄フェスティバル」にて再演。模倣というも最も正統な方法によって、大野一雄を蘇らせる。

「タンゴ」
石井漠、江口隆哉、宮操子等モダーンダンス黎明期の舞踊家によって繰り返し踊られた「タンゴ」。タンゴとモダーンダンスの共通項を導き出す。

「をどるばか」
日本モダーンダンスのパイオニア石井漠は自らを「をどるばか」と呼んだ。それはどんな意味だったのか。石井漠振付作品「グロテスク」を再構しながら、プロジェクト大山流に「をどるばか」の心に迫ります。



岡登志子
アンサンブル・ゾネ主宰。2014年神戸長田文化賞受賞。近作に「白い夜」「迷い」等。また、音楽家や美術家、スポーツ選手と異色の共演も数多い。

垣尾優
2004年以降、アンサンブル・ゾネ作品にゲスト出演。2006〜2009年contact Gonzoとして活動。2014年ノーラ・チッポムラ「父のような自画像」、松本雄吉×ジュン・グエン・ハツシバ×垣尾優「Sea water」等に出演。

大野慶人
近作にヴッパタール舞踊団ダンサーとの共演「たしかな朝」、音楽家アントニーとの「Antony & Ohnos」、ソロ「花と鳥」等。

川口隆夫
ATA DANCE、ダムタイプを経て、2003年以降ソロ活動が中心。「true/本当のこと」、「Node/砂漠の老人」などコラボレーションも数多い。主な作品「a perfect life」、「TABLEMIND」、田辺知美とともに「病める舞姫をテクストに」等。

プロジェクト大山
古家優里を中心とした護国寺系ダンスカンパニー。全メンバーお茶の水女子大学卒。近作に「御開帳」「オオヤマニアック!!!」「ファンタジー」まさに、をどるばか?!
その他注意事項
スタッフ 岡登志子・垣尾優『手術室より』
大野慶人『タンゴ』
川口隆夫『大野一雄について』
プロジェクト大山『をどるばか』

[情報提供] 2015/01/18 20:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/02/17 14:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大