舞踊・バレエ

TPAM in Yokohama 2015 TPAMコプロダクション

相模友士郎『天使論』

TPAM・国際舞台芸術ミーティング

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2015/02/11 (水) ~ 2015/02/11 (水) 公演終了

上演時間:

本作は踊る身体イメージとそれを観る観客の言語イメージについて扱っています。「コカ・コーラ」と踊る身体を対置し、演出家自身のナビゲーションによってコード化された観客の視線に亀裂を入れてゆく観客のまなざしへの振り付け作品と言えるでしょう。2012年初演『天使論』(TPAM in Yokohama ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/02/11 (水) ~ 2015/02/11 (水)
劇場 神奈川芸術劇場・大スタジオ
出演 増田美佳、コーンカーン・ルーンサーワン
演出 相模友士郎
振付
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,500円
【発売日】2015/01/24
• つくる人:¥1,500
• みる人:¥2,500
サイト

http://www.tpam.or.jp/2015/program/co-production/yujiro-sagami/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.11 Wed 14:00 / 19:00
説明 本作は踊る身体イメージとそれを観る観客の言語イメージについて扱っています。「コカ・コーラ」と踊る身体を対置し、演出家自身のナビゲーションによってコード化された観客の視線に亀裂を入れてゆく観客のまなざしへの振り付け作品と言えるでしょう。2012年初演『天使論』(TPAM in Yokohama 2012)を、大幅にリクリエーション。新たなダンサーに、ピチェ・クランチェン・ダンスカンパニーで活躍する、コーンカーン・ルーンサーワンを迎えます。
その他注意事項
スタッフ 構成・演出:相模友士郎
タイ語通訳・演出助手:豊山佳美
照明:吉本有輝子
映像:山田晋平
舞台監督:夏目雅也
制作:小倉由佳子、和田ながら(KYOTO EXPERIMENT)
主催:国際交流基金アジアセンター、KYOTO EXPERIMENT
共催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2015実行委員会

[情報提供] 2015/01/17 20:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/01/17 20:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大