演劇

劇団青年座第217回公演

鑪―たたら (残席僅か)

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団青年座第217回公演

鑪―たたら (残席僅か)

劇団青年座

青年座劇場(東京都)

2015/03/20 (金) ~ 2015/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

創立60周年記念公演の最後に『鑪-たたら』が登場する。

作者は青年座初登場となる劇団サスペンデッズ主宰で、全作品の作・演出を手がけて来た早船聡氏。今回は命がけで東京オリンピックの聖火台を作った親子の実話をモチーフに、骨太の作品を書き下ろす。演出を担うのは須藤黄英。

舞台となるK市は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/03/20 (金) ~ 2015/03/29 (日)
劇場 青年座劇場
出演 山路和弘、山本龍二、横堀悦夫、石母田史朗、山﨑秀樹、麻生侑里、髙橋幸子
脚本 早船聡(劇団サスペンデッズ)
演出 須藤黄英
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,200円
【発売日】2015/02/05
サイト

http://seinenza.com/performance/public/217.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月20日(金)19:00
3月21日(土)16:00当日券のみ
3月22日(日)14:00当日券のみ
3月23日(月)14:00当日券のみ
3月24日(火)14:00当日券のみ
3月25日(水)19:00当日券のみ
3月26日(木)19:00
3月27日(金)19:00
3月28日(土)16:00当日券のみ
3月29日(日)14:00当日券のみ
説明 創立60周年記念公演の最後に『鑪-たたら』が登場する。

作者は青年座初登場となる劇団サスペンデッズ主宰で、全作品の作・演出を手がけて来た早船聡氏。今回は命がけで東京オリンピックの聖火台を作った親子の実話をモチーフに、骨太の作品を書き下ろす。演出を担うのは須藤黄英。

舞台となるK市はかつて鋳物の町として栄えたが、今は都会のベッドタウン。親から継いだ鋳物工場を早々に手放し、今は不動産ブローカーとして暮らす今西康平と、若い頃康平と共に鋳物の修行をし、余所の土地で現代の名工として活躍していた水沼鉄三。物語はこの二人の男を中心に展開する。男と男、父と息子、それを取り巻く家族たち。衰退する地場産業、地域の国際化などの問題を絡めながら、無器用な男たちと女たちがそれぞれの生き様をさらす。

2015年3月。青年座劇場という嘘のつけない小空間で、山路和弘、山本龍二を始めとした七人の俳優たちが、熱く火花を散らす――。

***************************

たたら【鑪/踏鞴】とは
日本古来の代表的な製鉄方法。粘土でつくられた高さの低い炉で,木炭を燃料として砂鉄を製錬する原始的なものであるが,日本刀の素材である玉鋼はこの方法でつくられていた。
その他注意事項
スタッフ 美術=伊藤雅子、照明=中川隆一、音響=中島正人、衣裳=竹原典子、舞台監督=尾花真、製作=森正敏、長尾敦

[情報提供] 2015/01/14 19:15 by 劇団青年座

[最終更新] 2015/07/05 04:11 by 劇団青年座

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

劇団青年座

劇団青年座(0)

是非、劇場にいらして下さい。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大