演劇

僕たちが好きだった川村紗也プロデュース公演vol.1

山笑う

デザイン:デザイン太陽と雲

0 お気に入りチラシにする

演劇

僕たちが好きだった川村紗也プロデュース公演vol.1

山笑う

僕たちが好きだった川村紗也

新宿眼科画廊 スペース地下(東京都)

2014/12/19 (金) ~ 2014/12/24 (水) 公演終了

上演時間:

小松台東×川村紗也

+++

妹が帰ってきた
ずいぶん心配していた妹が
なぜか得体の知れない男を連れて
なんでよりによってこんな日に
春はまだ先 笑えるか

宮崎弁で送る、哀歓物語

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/12/19 (金) ~ 2014/12/24 (水)
劇場 新宿眼科画廊 スペース地下
出演 川村紗也、荻野友里(青年団)、夏目慎也(東京デスロック)、山田百次(劇団野の上/青年団リンクホエイ)、吉田電話(クロムモリブデン)、松本哲也(小松台東)
脚本 松本哲也(小松台東)
演出 松本哲也(小松台東)
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】2014/11/11
前売 2800円/当日 3000円
サイト

http://www.boku-kawa.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月19日(金) 19:30☆
12月20日(土) 14:00【前売完売】/19:30☆
12月21日(日) 12:00☆/16:00
12月22日(月) 19:30☆【前売完売】
12月23日(火・祝) 14:00☆【前売完売】/19:00【前売完売】
12月24日(水) 19:00【前売完売】

☆終演後にアフタートークあり

【アフタートークゲスト】
19日(金)上野友之さん(劇団競泳水着)・大川翔子さん・細野今日子さん・会沢ナオトさん
20日(土)喜安浩平さん(ナイロン100℃/ブルドッキングヘッドロック)
21日(日)松本哲也(小松台東)・川村紗也
22日(月)幸田尚子さん(クロムモリブデン)
23日(火・祝)川村の幼馴染みの妊婦さん


受付開始・開場は、開演の30分前
説明 小松台東×川村紗也

+++

妹が帰ってきた
ずいぶん心配していた妹が
なぜか得体の知れない男を連れて
なんでよりによってこんな日に
春はまだ先 笑えるか

宮崎弁で送る、哀歓物語
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】 緑川陽介
【美術】 Denden House
【ユニット名命名・WEB】 小林タクシー
【宣伝美術】 デザイン太陽と雲
【宣伝写真】 久富健太郎
【宣伝スタイリング】 杉浦優(ザ・ボイス)
【宣伝メイク】 Yun-two
【制作】 塩田友克

【協力】 is、 krei inc.、クロムモリブデン、劇団野の上、小松台東
CoRich舞台芸術!、新宿眼下画廊、青年団、青年団リンク ホエイ
ZOKKY、東京デスロック、ディグ・カンパニー

[情報提供] 2014/10/20 17:52 by コロ助

[最終更新] 2015/01/15 14:56 by コロ助

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

川村紗也

川村紗也(0)

僕たちが好きだった川村紗也 記念すべき第一弾です

モモジ

モモジ(0)

役者・俳優 脚本 演出

川村おさや、小松台東、 宮崎弁〜。

ボクデス

ボクデス(0)

お楽しみに

このページのQRコードです。

拡大