演劇

第十三回公演 第25回下北演劇祭参加 十周年記念

クロネコフォードコッポラ

デザイン:山澄隼人

0 お気に入りチラシにする

演劇

第十三回公演 第25回下北演劇祭参加 十周年記念

クロネコフォードコッポラ

ハイバネカナタ

シアター711(東京都)

2015/02/18 (水) ~ 2015/02/22 (日) 公演終了

上演時間:

「石にかじりついてでも物語を引き摺り出す。あたしはシュリーマンになるんだ!」
人は一体どれだけの自分を嫌うのだろう。

大沢サツキはいつも通りの出勤途中、人生で初めて踵を返し、
家へ、必死に家へと向かいながら、呆然とそんな事を考えていた。

たった一匹のクロネコのせいで、突然えも言...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/02/18 (水) ~ 2015/02/22 (日)
劇場 シアター711
出演 楠人、服部紘二、小島有紀子、神谷亜美、安藤理樹(PLAT-formance)、石綿大夢(声を出すと気持ちいいの会)、キジマチカ、中尾ちひろ(温泉きのこ)、船戸慎士(StudioLife)、升ノゾミ(黒色綺譚カナリア派)、矢島理佐
脚本 服部紘二
演出 服部紘二
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,300円
【発売日】2015/01/10
前売り3,000円、当日3,300円
初日割:2,800円
ペア割:5,000円
サイト

http://haibanekanata.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月18日(水)19:30
2月19日(木)14:30/19:30
2月20日(金)19:30
2月21日(土)14:00/19:00
2月22日(日)13:00/18:00
説明 「石にかじりついてでも物語を引き摺り出す。あたしはシュリーマンになるんだ!」
人は一体どれだけの自分を嫌うのだろう。

大沢サツキはいつも通りの出勤途中、人生で初めて踵を返し、
家へ、必死に家へと向かいながら、呆然とそんな事を考えていた。

たった一匹のクロネコのせいで、突然えも言われぬ孤独と不安に襲われた最悪の朝、
彼女を家へと運ぶその足のステップは、スラップスティックを思わせ、
50mを10秒かける最大船速で、彼女の身を広大な十畳の部屋に潜り込ませた。

地獄のファンファーレが轟く静謐なその場所は、普通との戦争の最前線。
誰にも聞こえないそれらの音楽は、サツキの頭の中で物語を求める声に変わっていった。

ハインリッヒ・シュリーマン。
ただの空想物語を現実に引き戻した男。
彼女は彼の背中を蹴って、一歩、宇宙に向かってジャンプして、今いる場所に着地する。

その日は、冬の空にお似合いの、天井が高い気持ちのいい朝だった。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】西廣奏
【照明】千田実(CHIDA OFFICE)
【音響】井上直裕(atSound)
【舞台美術】小林奈月
【衣装】藤田友
【宣伝美術】山澄隼人
【Web制作】服部紘二
【制作】ハイバネカナタ
【制作協力】池田智哉(feblabo)
【製作】「クロネコフォードコッポラ」製作委員会

[情報提供] 2014/10/19 11:48 by はっとり

[最終更新] 2015/02/23 21:01 by はっとり

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

ひろむ

ひろむ(19)

二回目の、石綿です!どっこいしょ!

ふぇぶ

ふぇぶ(8)

制作協力です。

あみ

あみ(0)

ハイバネカナタが下北演劇祭に初参加です。よろしくお願い...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大