演劇

2008年 花伝[KADEN]本公演

天守物語

花傳 KADEN Theater Company

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2008/03/01 (土) ~ 2008/03/02 (日) 公演終了

上演時間:

播州姫路・白鷺城。
漆喰の白壁美しい天守の五重。
舞い踊る花々と色とりどりの胡蝶。
勇壮な一体の獅子頭―――。

人でないものが棲むと言い伝えの、天守の最上階。
百年以来、人が足を踏み入れることのなかったその場所には、
世にも美しい貴女・天守夫人富姫が、侍女達に囲まれ暮らしている...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/03/01 (土) ~ 2008/03/02 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 本間美由紀、中重諭、とみたことえ、大寺亜矢子、阿部崇子、山森博絵、住吉梨紗、山田美悠、川原真衣、北川翔子、大原瑞紀
脚本 泉鏡花
演出 岡田圓
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 6,000円
【発売日】2007/11/15
□前売3000円
□前売ペア5500円
□当日3200円
□当日ペア6000円
サイト

http://www18.ocn.ne.jp/~kaden/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 播州姫路・白鷺城。
漆喰の白壁美しい天守の五重。
舞い踊る花々と色とりどりの胡蝶。
勇壮な一体の獅子頭―――。

人でないものが棲むと言い伝えの、天守の最上階。
百年以来、人が足を踏み入れることのなかったその場所には、
世にも美しい貴女・天守夫人富姫が、侍女達に囲まれ暮らしている。
遠く猪苗代より、亀姫はじめ客人達を迎え、
言葉の花が蝶のように舞い、空には美しい歌声が響く。
何時にも増して美しく華やいだ秋の夕暮。
やがて静寂が戻り、闇に包まれた天守に人影が現れる。

―――姫川図書之助。
   武田播磨守が元に仕える若き一人の鷹匠。
   逸れた白鷹を追って天守にやってきたという、
   その若者の潔く凛とした姿に富姫は心奪われ、
   図書之助もまた、誇り高き天守の姫に惹かれてゆく

永き時を活き続ける天守の住人と、
忠義の為に死を厭わない人間の若者。
傲慢な人間達を遥か眼下に見下ろす天守にて、
人と化生の儚い、刹那の恋が・・・


『千歳百歳に唯一度、たった一度の恋だのに。
 私も、もう一目、
    あの、気高い、美しいお顔が見たい。
 前世も後世も要らないが、せめてこうしていとうござんす』
その他注意事項 ☆アフタートークを予定
☆ご来場者全員プレゼントあり
スタッフ ■照明デザイン+オペレート
山本佳奈
■照明オペレート
大島早保子
■音楽
落合敏行

[情報提供] 2008/01/21 20:41 by 花傳[KADEN]

[最終更新] 2008/03/03 00:44 by 花傳[KADEN]

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

takako

takako(0)

出演しています

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大