ミュージカル

音楽座ミュージカル/Rカンパニー

幸田町民会館(愛知県)

他劇場あり:

2014/12/14 (日) ~ 2014/12/14 (日) 公演終了

上演時間:

イントロダクション
「過ぎ去った時代に、未来への扉がある」
吉川英治文学新人賞に輝いた浅田次郎氏の名作をミュージカル化した話題作。
「ロマンチックなものがどんどん失われていく今の世の中で、思いっきりロマンチックな小説を書きたかった」。
浅田氏が語るとおり、『メトロに乗って』では、胸がし...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/12/14 (日) ~ 2014/12/14 (日)
劇場 幸田町民会館
出演
作曲
脚本
演出
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.ongakuza-musical.com/sakuhin/metro.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 イントロダクション
「過ぎ去った時代に、未来への扉がある」
吉川英治文学新人賞に輝いた浅田次郎氏の名作をミュージカル化した話題作。
「ロマンチックなものがどんどん失われていく今の世の中で、思いっきりロマンチックな小説を書きたかった」。
浅田氏が語るとおり、『メトロに乗って』では、胸がしめつけられるような郷愁とともに、生きることの切なさ、生かされていることの喜び、そして献身的な愛に生きる姿が描かれている。
主人公が過去と現在をさすらい、紆余曲折の果てに知った苦い現実と皮肉な運命。しかし、それは絶望ではなく、自分の人生を思いなおし、もう一度しっかり生きていこう、という確かな希望に反転する。
舞台となるのは昭和の時代。かけがえのない今を大切に生きることで見えてくる、懐かしい未来…。 「200%満足!」。
初演(2000年)にて浅田氏が絶賛、ソニーとのコラボレーションによって、デジタルシネマとして全国の映画館で上映された伝説のステージ。


ストーリー
地下鉄ストアにある小さな衣料品会社で、中年営業マンとして生きる小沼真次。
一年中スーツケース片手に、地下鉄に乗って営業先をまわっている。真次の父は、戦後の闇市から裸一貫で生き、世界に冠たる企業を興した立志伝中の傑物・小沼佐吉。 本来ならば小沼グループの後継者として生きるはずだった真次だが、独裁的な父に反発し、高校を卒業してすぐに家を飛び出した。今は妻子と母の五人家族。生活は決して楽ではない。そして会社の同僚・みち子との関係。真次の心は深い闇の中を彷徨っていた。
ある夜、二十五年ぶりに出席した同窓会で悪酔いした真次は、地下鉄のホームで元教師の野平老人と再会。野平の言葉で、その日が三十年前に自殺した兄・昭一の命日であることを思い出す。
薄暗く長い地下道を歩く真次の脳裏に去来する、様々な記憶の断片。苦しみに追い立てられるように階段を上がる真次の目に飛び込んできたのは、昭和39年、兄が死んだ日の風景だった。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/10/17 06:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/11/17 17:39 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大