ミュージカル

ルドルフ

ザ・ラスト・キス

東宝

帝国劇場(東京都)

2008/05/06 (火) ~ 2008/06/01 (日) 公演終了

上演時間:

これは、ハプスブルク家の皇太子・ルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラの悲恋の物語である。
若き皇太子ルドルフは厳格なる父、皇帝フランツ・ヨーゼフとの人間的、政治的な対立に苦悩していた。妻との関係は冷え切り、周囲は彼を責め立てるばかり。自由と平等を夢見るルドルフに、ハンガリーの独立を願う勢力...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/05/06 (火) ~ 2008/06/01 (日)
劇場 帝国劇場
出演 三谷六九、井上芳雄、笹本玲奈、知念里奈、香寿たつき、壌晴彦、浦井健治、畠中洋、岸祐二、新納慎也、岡幸二郎
作曲
脚本 フランク・ワイルドホーン
演出 宮本亜門
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 12,500円
【発売日】2008/03/01
S席 12,500円
A席 8,000円
B席 4,000円
サイト

http://www.tohostage.com/rudolf/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 これは、ハプスブルク家の皇太子・ルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラの悲恋の物語である。
若き皇太子ルドルフは厳格なる父、皇帝フランツ・ヨーゼフとの人間的、政治的な対立に苦悩していた。妻との関係は冷え切り、周囲は彼を責め立てるばかり。自由と平等を夢見るルドルフに、ハンガリーの独立を願う勢力が接近する。オーストリアと父への反逆に組することはできないが、現状に留まることもできない。深まる苦悩の中、唯一の救いは、皇太子の心を癒す運命の女性マリー・ヴィッツェラとの出逢いだった。しかし、道ならぬ二人の関係は、やがて謀略家である首相ターフェの知るところとなり・・・。
その他注意事項
スタッフ 原作 ◆ フレデリック・モートン著「A Nervous Splendor」
音楽 ◆ フランク・ワイルドホーン
脚本・歌詞 ◆ ジャック・マーフィ
追加歌詞 ◆ ナン・ナイトン
脚色 ◆ フランク・ワイルドホーン&フィービー・ホワン
原案 ◆ フランク・ワイルドホーン&スティーブ・キューデン
演出 ◆ 宮本亜門    
翻訳 ◆ 小嶋麻倫子
訳詞 ◆ 竜真知子
音楽監督 ◆ 八幡茂
振付 ◆ 上島雪夫
歌唱指導 ◆ 山口正義 小林仁
装置 ◆ 松井るみ
照明 ◆ 高見和義
音響 ◆ 山本浩一
衣裳 ◆ 有村淳
ヘアメイク ◆ 坂井一夫(スタジオAD)
指揮 ◆ 塩田明弘
オーケストラ◆ 東宝ミュージック(株)(株)ダットミュージック
稽古ピアノ ◆ 國井雅美 中條純子      
舞台監督 ◆ 廣田進
演出助手 ◆ 寺﨑秀臣      
プロデューサー ◆ 岡本義次 吉田訓和
製作 ◆ 東宝

[情報提供] 2008/01/19 14:21 by はせまな

[最終更新] 2008/07/04 18:38 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大