東宝

日生劇場(東京都)

2014/12/07 (日) ~ 2014/12/28 (日) 公演終了

休演日:12/9,16,23,26

上演時間:

プローテュース(西川貴教)は、親友ヴァレンタイン(堂珍嘉邦)から見聞を広めるためにミラノ行きを誘われたが、恋人ジュリア(島袋寛子)と離れたくないため留まることを望んだ。しかし、そのプローテュースも父親の命令でミラノに行かざるを得なくなり、ジュリアに永遠の愛を誓って、未練を残してヴェローナを去る...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/12/07 (日) ~ 2014/12/28 (日)
劇場 日生劇場
出演 西川貴教 、島袋寛子、堂珍嘉邦 、霧矢大夢、武田真治、伊礼彼方、上原理生、坂口涼太郎、斉藤暁、ブラザートム、保坂知寿、ほか
作曲 ガルト・マクダーモット
脚本 宮本亜門
演出 宮本亜門
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 13,000円
【発売日】
(税込)S席:13,000円 A席:8,000円 B席:4,000円
サイト

http://www.tohostage.com/verona/ticket.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 プローテュース(西川貴教)は、親友ヴァレンタイン(堂珍嘉邦)から見聞を広めるためにミラノ行きを誘われたが、恋人ジュリア(島袋寛子)と離れたくないため留まることを望んだ。しかし、そのプローテュースも父親の命令でミラノに行かざるを得なくなり、ジュリアに永遠の愛を誓って、未練を残してヴェローナを去る。

ミラノに赴いたヴァレンタインはシルヴィア(霧矢大夢)という女性に恋をするが、シルヴィアの父親・ミラノ大公(ブラザートム)は、財産目当てでシューリオ(武田真治)と娘を結婚させようとしていた。

そこにプローテュースが到着し、たちまちシルヴィアに一目惚れ。プローテュースはシルヴィアを手に入れんがためミラノ大公に嘘を吹き込み、邪魔者のヴァレンタインをミラノから追放させる。

一方、プローテュースと会いたい一心でジュリアがルーセッタ(保坂知寿)とともに男装してミラノにやってくる。ジュリアとは気が付かずに、男装したジュリアを小姓にしたプローテュースは恋人ジュリアにシルヴィアへの熱い想いを語る。

果たして4人の関係は、どう結末を迎えるのか―?
その他注意事項
スタッフ 脚色: ジョン・グエア&メル・シャピロ
歌詞: ジョン・グエア
音楽: ガルト・マクダーモット
原作: ウィリアム・シェイクスピアの戯曲
ブロードウェイ公演製作: ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバル
(プロデューサー:ジョセフ・パップ)
ブロードウェイ初演演出: メル・シャピロ
編曲: ガルト・マクダーモット
ハロルド・ウィーラー

上演台本・演出: 宮本亜門

音楽監督: 前嶋康明
振付: 黒木由美・廻修平・宮本亜門
美術: 松井るみ
音響: 山本浩一
衣裳: 有村淳
照明: 吉枝康幸
ヘアメイク: 川端富生
映像: 奥秀太朗
歌唱指導: 安崎求
稽古ピアノ: 中條純子
演出助手: 末永陽一
舞台監督: 菅田幸夫
プロデューサー: 小嶋麻倫子

宣伝美術: 榎本太郎
宣伝写真: 森崎恵美子
宣伝ヘアメイク: 川端富生/SAYAKA(西川貴教)
宣伝スタイリスト: 横田勝広/菱沼蔣人(西川貴教)
タイトルロゴデザイン: 宮村ヤスヲ
フォトレタッチ: 近藤文太

製作: 東宝

[情報提供] 2014/09/27 06:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/09/27 06:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大