演劇

フェスティバル/トーキョー14

桜の園

ミクニヤナイハラプロジェクト

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2014/11/13 (木) ~ 2014/11/17 (月) 公演終了

上演時間:

1本の老木をめぐる3つの物語。時代の転換点に浮かび上がる多様な思考

 言語と身体の併走、ぶつかり合いに新たな演劇の芽を見出す実験場、ミクニヤナイハラプロジェクト。ダンスカンパニー、ニブロールの振付家でもあり、2012年『前向きタイモン』で岸田國士戯曲賞を受賞するなど、精力的に表現の場を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/11/13 (木) ~ 2014/11/17 (月)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 笠木泉、鈴木将一朗、光瀬指絵、山本圭祐、川田希、川上友里、菊沢将憲、佐々木至
脚本 矢内原美邦
演出 矢内原美邦
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2014/09/28
一般前売 3,500円(当日+500円)
先行割引 2450円
ペア 3150円
5演目セット 2800円
3演目セット 2975円
学生※当日券共通。当日受付で要学生証提示 2300円
高校生※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示 1000円
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/14/program/the-cherry-orchard.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/13(木) 19:30
11/14(金) 19:30
11/15(土) 16:00★/19:30
11/16(日) 16:00★/19:30
11/17(月) 16:00★/19:30
★ポスト・パフォーマンストークあり

※雨天決行、荒天中止
※上演は前半が野外、後半が室内となり、客席はございません。
※天候に関わらず、各公演の当日12時に、上演の可否を公式ホームページにて発表いたします。ただし、それ以降に主催者の判断により変更になる場合もございます。
説明 1本の老木をめぐる3つの物語。時代の転換点に浮かび上がる多様な思考

 言語と身体の併走、ぶつかり合いに新たな演劇の芽を見出す実験場、ミクニヤナイハラプロジェクト。ダンスカンパニー、ニブロールの振付家でもあり、2012年『前向きタイモン』で岸田國士戯曲賞を受賞するなど、精力的に表現の場を開拓する主宰・矢内原美邦が、その新作の題材に選んだのは、チェーホフの名作『桜の園』だ。
 資本主義の台頭に揺れる貴族一家を描いた原作は、ここでは1本の老木をめぐる3つの物語となる。保護か、開発か、それとも——。観客は、にしすがも創造舎の敷地内で同時進行する物語を観劇した後、3者の話し合いに立ち会う。誰もが納得する答えはない。さまざまな論点が浮かび上がるなか、時は流れ、時代は動いていく。
その他注意事項
スタッフ 映像: 佐藤信介
美術: 曽我部昌史
美術アシスタント: 丸山美紀、長谷川明
衣装: スズキタカユキ
舞台監督: 鈴木康郎
照明: 伊藤 馨
デザイン: 石田直久
メインビジュアル・ヘアメイク: EBI
映像テクニカル: 須藤崇規
制作: 奥野将徳(precog)、横堀応彦・植松侑子(フェスティバル/トーキョー)
協力: オンビジュアル、オフィス ワン・ツー・スリー、エースエージェント、スターダストプロモーション、舞プロモーション、ニッポンの河川、劇団はえぎわ、急な坂スタジオ、Angle pictures、神奈川大学曽我部研究室、マチデザイン、長谷川明建築設計事務所、ニブロール
製作: ミクニヤナイハラプロジェクト

[情報提供] 2014/09/10 21:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/04/10 09:48 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大