正義の味方 公演情報 正義の味方」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.8
1-8件 / 8件中
  • 満足度★★★★★

    抜群に面白い
    開演から終演まで全く目が離せない。往年の正義の味方を作った博士が出たり、三者合体の正義の味方が出たり、でも本筋はラブストーリーめいていたり、満足度の高い舞台でした。

  • 満足度★★★★★

    素晴らしい
    非常に内容が深くとても面白かったです。
    勢いがあってすばらしい舞台であったとおもいます。

  • 満足度★★★★

    テンポが良く楽しめた
    話しの展開や、台詞のテンポが良くて面白かった。欲を言えば、キャラクタ毎のバタ臭さがあればさらに素晴らしかったと思う。全体的に大人しい感じがします。また、最後のシーンは、よく判りませんでした。

  • 満足度★★★★

    アングラど真ん中♪
    哲学的にもとれる抽象的な言い回しだったり詩的で美しかったりする台詞、わざとらしい(←貶す意図は毛頭ない)メイク、コロで移動・回転を容易ならしめ、どんでんまでありウェザリングを施した装置(電柱もあったな)など、アングラ芝居の良い部分を抽出したような味わいがタマらん!

  • 満足度★★★

    みてきた
    わりと退屈でした。

  • 満足度★★★

    分からなかった・・
    テンポが良く、明るい雰囲気で独特さがありました。役者さん達の熱演も良かったのですが・・正直、内容が分からず何を言いたいのか分かりませんでした。面白く感じる人と、退屈さを感じる人と分かれる舞台だと思いました。残念ながら、私は後者でした。

  • 満足度★★★

    古きヒーロー
    こういった作品はあまり観たことがなかったので、ある意味新鮮だった。

    ネタバレBOX

    かつて正義の味方(だった?)に憧れていた男の
    自分自身の存在への問いが、
    虚実入り混じる感じで描かれたものなのかなと。

    自分探しのようにも思われ、そこはむしろ現在にも当てはまるようで、
    ただ全体の雰囲気は昭和のレトロさといった様子だった。

    新劇のような、それに王子小劇場が地下にあることで
    アングラっぽい雰囲気もあり、
    さながら芝居小屋のようだった。

    圧倒的な強度が必要とされる芝居だと思うので、
    ものすごく濃い芝居がかった芝居が要求されるものだと感じた。

    人や舞台装置の動きが忙しなくて見所はあるが、
    主人公の男にもう少し芝居がかった強度と抑揚があると良いなと思った。

    それでいうと女を演じた鳴海由莉さんは世界観に沿っていて
    入り込んでいる立場として観れたので、
    あのくらいキャラが立っているといいのではと思った。

    物語自体を楽しむ類の作品でないにしても、
    もう少し引きつける何かが欲しかった。
  • 満足度★★★

    匂い
    大正の匂いがしました。

    ネタバレBOX

    正義の味方を作った敷島博士、ギルモア博士、お茶の水博士のそれぞれのエピソードに、靴屋に勤め始めた男のアリス的逃走劇を混在させた話。

    ごちゃごちゃ感に溢れ、鉄腕アトムとサイボーグ009と鉄人28号が合体したアトボーグ28号なる裸が登場するところなどは如何にも南河内万歳一座という感じでした。

    懐かしい昭和の正義の味方にインスパイアされたのだと思いますが、雰囲気は昭和を通り越して大正レトロの匂いがしました。

    訳わかんねで良かったと思うのですが、最後作家が鉛筆ナメナメして、複雑にしたのは私ですよみたいな夢オチならぬ作家オチで終わったのは蛇足のような気がしました。

このページのQRコードです。

拡大