演劇

村川拓也

京都芸術センター(京都府)

2014/10/02 (木) ~ 2014/10/05 (日) 公演終了

上演時間:

現実の不確かさ。ゆえの豊饒さへ。 ドキュメンタリー作家がラディカルに追求する演劇の可能性。

京都造形芸術大学出身、ドキュメンタリー映像作家としてそのキャリアをスタートさせた村川拓也は、現実を素材にしながら、ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を舞台作品にインストールして、実験的な作品...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/02 (木) ~ 2014/10/05 (日)
劇場 京都芸術センター
出演
脚本 村川拓也
演出 村川拓也
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2014/08/01
一般 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
ユース・学生 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
シニア 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
ペア ¥4,000(前売のみ)
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由
サイト

http://kyoto-ex.jp/2014/program/murakawa/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月 2日 (木) 20:00-
3日 (金) 20:00-
4日 (土) 14:00-◎
5日 (日) 17:00-◎
◎託児サービスあり(有料・要予約)※受付開始・当日券販売→開演の60分前
説明 現実の不確かさ。ゆえの豊饒さへ。 ドキュメンタリー作家がラディカルに追求する演劇の可能性。

京都造形芸術大学出身、ドキュメンタリー映像作家としてそのキャリアをスタートさせた村川拓也は、現実を素材にしながら、ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を舞台作品にインストールして、実験的な作品を発表してきた。代表作『ツァイトゲーバー』では、障害者の介助する/される現場を舞台上に再現。観客1人をその場で舞台上に招き入れ、役を割り振ることで、戯曲、役者という舞台芸術の確固とした前提を揺るがせたまま、作品は淡々と進んでいく。

昨年上演された『エヴェレットラインズ』を下敷きにした今回の作品は、前作『ツァイトゲーバー』よりも一層、不確定性を強く打ち出した演出作品。村川が上演の数週間前に特定多数の出演者(候補)に手紙を出す。そこには、会場を訪れる時間、会場での行動すべてが指示されている。出演者(候補)は、ただその指示に従って行動すればよいのだが、ただし、全出演者(候補)が指示どおりに劇場へ現れるかは当人次第であり、当日誰が舞台に現れるかわからない、いわば、出演者未定の舞台である。演劇の拠って立つところの寄る辺なさを衝くこの試みは、そのまま我々の生きる現実の不確定性を露わにするはず。目の前で起きていることだけが信じるに足るのか、目の前で起きていることさえも信じられないのか。豊かな矛盾をはらんだ村川拓也の作品。一瞬たりとも落ち着かない、スリリングな舞台となるのは間違いない。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/07/13 22:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/07/13 22:52 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大