IBSEN×YOKOHAMA〜『人形の家』上演をめぐるプロセス

デザイン:青木祐輔

0 お気に入りチラシにする

重力/Note

nitehi works(神奈川県)

2014/07/06 (日) ~ 2014/07/06 (日) 公演終了

上演時間:

〜《IBSEN×YOKOHAMA》について〜
精緻な心理描写と周到なプロットによって、近代劇の原点的存在となった劇作家・イプセン。
《IBSEN×YOKOHAMA》は、横浜の街並というフィルターを挿入することで、彼の代表作の一つである『人形の家』が現代劇として上演可能かどうか、試行錯誤し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/07/06 (日) ~ 2014/07/06 (日)
劇場 nitehi works
出演 瀧腰教寛、立本夏山、平井光子、邸木夕佳、山田宗一郎、岩澤侑生子、松田早穂
脚本 ヘンリック・イプセン、山田亮太
演出 鹿島将介
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2014/06/11
前売・当日共:2,000円
サイト

http://www.jyuuryoku-note.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月6日(日)15:00
説明 〜《IBSEN×YOKOHAMA》について〜
精緻な心理描写と周到なプロットによって、近代劇の原点的存在となった劇作家・イプセン。
《IBSEN×YOKOHAMA》は、横浜の街並というフィルターを挿入することで、彼の代表作の一つである『人形の家』が現代劇として上演可能かどうか、試行錯誤していくプロジェクトです。
《国/家》を飛び出していったイプセンが、様々な苦難を乗り越えていく中で導き出した《劇》の在り方――日本の近代化の拠点となった横浜の地で、その可能性を再び問いなおします。

幾度も実験を重ねての長期プロジェクト、いよいよスタート!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【IBSEN×YOKOHAMA】
〈キックオフ・イベント〉 
2014年7月6日(日)@nitehi works ラウンジ&オープンスペース

〈プロセス1〉
9月15日(月)~28日(日)@劇団事務所

〈プロセス2〉
12月3日(水)~4日(木)@横浜市開港記念会館講堂

〈上演〉
2015年2月中旬@横浜市内某所


----------------------------------------------------------------------------------------------------
★キックオフ・イベント★
2014年7月6日(日) 15:00~16:30 プレトーク&リーディング

《プレトーク》
鹿島 将介(重力/Note代表・演出)×山田 亮太(詩人・TOLTA)
《リーディング》
『人形の家』第一幕&山田亮太氏によるテクスト

協力:夏山オフィス 高岡事務所 長谷川事務所
後援:横浜市文化観光局[プロセス2・上演] ノルウェー王国大使館
主催:重力/Note

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【ヘンリック・イプセン Henrik Johan Ibsen(1828~1906)】
ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。写実性の高い社会劇や心理劇の形式を確立し、《近代劇の父》と呼ばれている。若い頃は評価のままならない時期が長く、勤めていた劇場の倒産など不遇の時代が続いた。30代半ばになると突如、「自己亡命」と称して27年に及ぶ海外生活に入る。その間、著作権の問題やテーマへの無理解に悩まされながらも作品を発表。興隆するナショナリズムや社会道徳によって抑圧された、人間の実存にかかわる彼の問題提議は、地域や文化、時代を越えることになった。シェイクスピアと並び、いまなお世界で最も多く上演されている劇作家の一人。日本では、明治期に森鷗外や坪内逍遥らによって翻訳・紹介され、新劇運動の最初期を担う作品として数多く上演された。代表作に『人形の家』、『ヘッダ・ガブラー』、『ヨーン・ガブリエル・ボルクマン』など。ノルウェーの1000クローネ紙幣には、長らくイプセンの肖像が使われていた。
その他注意事項 * 受付開始・開場は15分前を予定しております。
* 未就学児童はご入場いただけません。
スタッフ 制作:本多萌恵
宣伝美術:青木祐輔

[情報提供] 2014/06/11 01:04 by comitu

[最終更新] 2014/06/17 23:04 by comitu

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

comitu

comitu(0)

役者・俳優 制作

企画の制作&出演をしています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大