ミュージカル

宝塚歌劇団

東京宝塚劇場(東京都)

他劇場あり:

2014/09/05 (金) ~ 2014/10/05 (日) 公演終了

上演時間:

Musical
『The Lost Glory ―美しき幻影― 』
written and directed by Keiko Ueda, choreographed by Gustavo Zajac
作・演出/植田 景子

[解 説]
 “栄光の20年代”と謳われた、第一次世界大...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/09/05 (金) ~ 2014/10/05 (日)
劇場 東京宝塚劇場
出演 轟悠、柚希礼音、夢咲ねね、ほか
作曲
脚本 植田景子
演出 植田景子
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 12,000円
【発売日】2014/08/03
SS席 12,000円、S席 8,800円、A席 5,500円、B席 3,500円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/386/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 Musical
『The Lost Glory ―美しき幻影― 』
written and directed by Keiko Ueda, choreographed by Gustavo Zajac
作・演出/植田 景子

[解 説]
 “栄光の20年代”と謳われた、第一次世界大戦後の好景気に沸くニューヨークを舞台に、シェイクスピアの「オセロー」をイメージモチーフとして、男女の愛憎のドラマを描いたミュージカル。不屈の精神でアメリカンドリームを体現させた主人公に専科より特別出演の轟悠、執拗に復讐心を燃やす敵役に柚希礼音、そして、魅惑的なヒロインに夢咲ねねという、最高のキャスティングでお届けします。振付に、グスタヴォ・ザジャック氏を迎え、狂乱のジャズエイジを描き出す極上のエンターテイメント作品。


ラテン・グルーヴ
『パッショネイト宝塚!』
作・演出/稲葉 太地

[解 説]
 ラテン世界を題材としたショーは、宝塚歌劇の歴史を彩ってきたショー作品の魅力的なレパートリーの一つです。100周年にあたり、そんなラテンの世界を表現したショーを、情熱的でエネルギッシュ、ダイナミズムに溢れた柚希礼音を中心とした星組によりご覧頂きます。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/05/01 07:13 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/11/28 11:45 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大