演劇

関西芸術座公演NO.102

会場/クレオ大阪中央セミナーホール

戦争童話集

デザイン:高島麻衣・境谷純

0 お気に入りチラシにする

演劇

関西芸術座公演NO.102

戦争童話集

会場/クレオ大阪中央セミナーホール

関西芸術座

クレオ大阪中央(大阪府)

2014/07/25 (金) ~ 2014/07/26 (土) 公演終了

上演時間:

2014年7月25日(金)・26日(土)全3ステージ。
どのステージも沢山のお客様に観て頂き、満員御礼で無事終演することができました!ありがとうございました!

 昭和20年8月15日―― 日本のある軍事工場。
軍人たちが機械を壊しトラックに積んで 逃げてしまったあと、取り残された少...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/07/25 (金) ~ 2014/07/26 (土)
劇場 クレオ大阪中央
出演 松本幸司、森本竜一、川瀬真理、永井敦子、郷原慧、吉田真由
脚本 原作/野坂昭如、脚色/山本雄史
演出 松本昇三
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2014/05/01
サイト

http://kangei.main.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月25日(金)19:00
7月26日(土)13:00/17:00
説明 2014年7月25日(金)・26日(土)全3ステージ。
どのステージも沢山のお客様に観て頂き、満員御礼で無事終演することができました!ありがとうございました!

 昭和20年8月15日―― 日本のある軍事工場。
軍人たちが機械を壊しトラックに積んで 逃げてしまったあと、取り残された少年・少女が、
しなびた風船を前に、呆然とたたずんでいました。

彼らは「ふ号兵器」と呼ばれる 風船爆弾を作る為に集められた学生たちでした。
この爆弾は、ジェット気流という偏西風に乗って、 アメリカ本土へ二昼夜でたどりつく、
エンジンも燃料もいらない、日本の秘密兵器だったのです。
しかしこの日、日本は戦争に敗れ、風船は飛ぶこともなく、
ただのしなびた物体となっていました。
何をしていいのかわからない、 自分たちがどうなるのかもわからない学生たち。
その中で誰かが語り始めました。
そして次々に。
哀しいおとぎ話、自分たちの見てきた、聞いてきた戦争の童話を。
その他注意事項
スタッフ 装置/野崎みどり
照明/松本賢司
音楽/河野良
音響/廣瀬義昭
小道具・衣装/勇来佳加
舞台監督/辻村孝厚
制作/靱マユミ
宣伝美術/高島麻衣、境谷純
製作/(株)Office Pinecone

[情報提供] 2014/04/29 01:11 by イソノウツボ

[最終更新] 2014/07/30 13:37 by イソノウツボ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

境谷 純

境谷 純(0)

役者・俳優 制作 宣伝美術 Webサイト

宣伝美術担当。

イソノウツボ

イソノウツボ(0)

役者・俳優 制作

よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大