演劇

タカハ劇団第10回公演

帰還の虹

デザイン:羽尾 万里子タカハ劇団

0 お気に入りチラシにする

演劇

タカハ劇団第10回公演

帰還の虹

タカハ劇団

駅前劇場(東京都)

2014/07/23 (水) ~ 2014/07/28 (月) 公演終了

上演時間:

昭和19年――
現実が、創造を超える時代
画家達は何を描けばよかったのか

いままで、現代および未来を舞台にして、様々なテーマに挑んできたタカハ劇団が、
第10回公演にしてついに、『過去』を描く。

太平洋戦争末期の日本。
「戦意高揚画」を描き、日本画壇の寵児となっていた男のア...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/07/23 (水) ~ 2014/07/28 (月)
劇場 駅前劇場
出演 西條義将、藤森陽太、内田亜希子、鈴木利典、山口森広、伊藤俊輔、かんのひとみ、有馬自由
脚本 高羽彩
演出 高羽彩
料金(1枚あたり) 3,900円 ~ 3,900円
【発売日】2014/06/07
前売り・当日共 3,900円
サイト

http://takaha-gekidan.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月23日(水)19:30
7月24日(木)19:30
7月25日(金)19:30
7月26日(土)14:00 / 18:00
7月27日(日)14:00 / 18:00
7月28日(月)14:00 / 18:00
説明 昭和19年――
現実が、創造を超える時代
画家達は何を描けばよかったのか

いままで、現代および未来を舞台にして、様々なテーマに挑んできたタカハ劇団が、
第10回公演にしてついに、『過去』を描く。

太平洋戦争末期の日本。
「戦意高揚画」を描き、日本画壇の寵児となっていた男のアトリエに集う、
若き才能達。
あの時代、彼らは何を描き、何を描くべきだったのか。
その他注意事項
スタッフ 脚本・演出:高羽 彩
美術:稲田 美智子
照明:吉村 愛子
音響:角張 正雄
舞台監督:河野 千鶴
宣伝美術:羽尾 万里子
票券:荘司 雅子(オフィス・REN)
制作:藤野 和美(オフィス・REN)
制作助手:新居 朋子(ゲンパビ)

[情報提供] 2014/04/14 16:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/01/04 00:53 by オフィス・REN

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

オフィス・REN

オフィス・REN(0)

制作 当日運営 Webサイト

票券です。 素敵な作品ですので、よろしくお願いいたします。

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大