演劇

「あきたミステリーシアター2014」舞台公演

~霊夢の鉱脈事件~

コンフリクト

0 お気に入りチラシにする

演劇

「あきたミステリーシアター2014」舞台公演

コンフリクト

~霊夢の鉱脈事件~

劇団はちのす

秋田市文化会館(秋田県)

2014/06/28 (土) ~ 2014/06/29 (日) 公演終了

上演時間:

かつて秋田県の山間部に「目ノ獄村」と呼ばれる小さな集落があった。
ある夜、「霊夢」を見た若者が、この村の山奥で巨大な銀脈を発見する。
採掘された良質な銀鉱は、村を瞬く間に経済発展させ、
藩の城下町を凌駕する程の「都」へと変貌を遂げさせた。

そして二百五十年後、戊辰戦争が勃発。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/06/28 (土) ~ 2014/06/29 (日)
劇場 秋田市文化会館
出演
脚本 加藤正志
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 1,800円
【発売日】2014/04/29
日時指定有/全席自由
前売:1,500円/当日:1,800円/高校生以下無料(学生証の提示が必要です)
サイト

http://mt-hachinosu.jpn.org/stand

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月28日(土)18:00
6月29日(日)14:00
説明 かつて秋田県の山間部に「目ノ獄村」と呼ばれる小さな集落があった。
ある夜、「霊夢」を見た若者が、この村の山奥で巨大な銀脈を発見する。
採掘された良質な銀鉱は、村を瞬く間に経済発展させ、
藩の城下町を凌駕する程の「都」へと変貌を遂げさせた。

そして二百五十年後、戊辰戦争が勃発。
敵軍の鉱山占領を恐れた藩は、採掘場を破壊し、坑道に大量の銀製品を隠したが、
終戦後、その事実を知る者は一人も生き残っていなかった。

それから五十年後の、大正八年。
銀脈の枯渇により、村はかつての栄華も影を潜めていたが、
大地主である「村山家」に待望の長男が生まれる。
「一馬」と名付けられたこの神童は、
三百年前の若者と同じ霊夢の力を授かっていた。
正確な「予知夢」により多くの名声を得た一馬は、
父「鉄斎」に求められるままに「久保田藩の埋蔵金」の予知夢を見る。
村を総動員して調査が行われたが、埋蔵金は発見出来ず、
一馬は村から忽然と姿を消してしまう。

そして、太平洋戦争終結から四年過ぎた、昭和二十四年。
鉄斎が病に倒れ、遺産相続の為に村山家の関係者が集められた。
失踪した一馬を心配した次女「静子」は、
新聞に探し人の三行広告を載せると、
すぐに静子の元へ一馬からの手紙が届いた。

その手紙には、これから起こる悲劇の序章が書き記されていた…。
その他注意事項 ◆無料託児サービス

29日(日)の公演では、小さなお子様がいらっしゃるお客様へ「無料託児サービス」をご提供しております。
対象年齢:1歳~小学校低学年のお子様(定員有)

お申込み・お問い合わせ:TEL:080-2818-9548(加藤)※要事前予約(4/29~6/23まで)

託児スタッフ:NPO法人子育て応援Seed
http://kosodate-seed.sakura.ne.jp/
スタッフ

[情報提供] 2014/04/08 23:55 by さが

[最終更新] 2014/05/25 03:53 by さが

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大