人形劇団プーク

紀伊國屋ホール(東京都)

2014/08/28 (木) ~ 2014/08/31 (日) 公演終了

上演時間:

「三びきのやぎのがらがらどん」

 けわしい山にかこまれた、むかしむかしの北の国。
やぎが三びきおったとさ なまえはそろって がらがらどん。
 三びきのやぎのがらがらどんは、遠い山にごちそうを食べにでかけます。しかし遠い山にいくには、大きな魔もののトロルが住んでいる橋を渡らなければなり...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/08/28 (木) ~ 2014/08/31 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 原山幸子、伊井治彦、川尻麻美夏、亀井佑子、有田智也、長瀬円美、前田佳奈英
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,130円 ~ 3,130円
【発売日】2014/04/14
友の会、団体(15名様以上)、シニア(65歳以上)割引あります。
サイト

http://www.puk.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月28日(木)10:30
8月29日(金)10:30
8月30日(土)10:30
8月31日(日)10:30/14:00
説明 「三びきのやぎのがらがらどん」

 けわしい山にかこまれた、むかしむかしの北の国。
やぎが三びきおったとさ なまえはそろって がらがらどん。
 三びきのやぎのがらがらどんは、遠い山にごちそうを食べにでかけます。しかし遠い山にいくには、大きな魔もののトロルが住んでいる橋を渡らなければなりません。
 カタンコトンと橋を渡る足音に、橋の下のトロルは目をさまします。
 「だれだ おれの橋をわたるのは!ひとのみにしてくれる!」
橋の上には小さいやぎのがらがらどん・・・。



「こどものための人形日本風土記」

~南北3000キロメートルに横たわる
日本列島の島々
その民衆の生活と民族の心をうたいあげた
人形による詩劇~

 私たち日本人のそこに眠っている心の風景を描き出すことで、子どもたちが五感で、生まれ持った魂で、感じる作品にできたら・・・と思いをこめました。
 今を生きるすべての人におくる、さまざまな色どりをもった豊かなファンタジーと、ユーモアに富む心強さにあふれた世界です。

●東京 お囃子
●秋田 なまはげ
●大分 かっぱどん弥五郎どん
●東京 田遊び

その他注意事項 3歳以上均一料金(3歳未満でもお席が必要な方はチケットが必要です)
スタッフ 「三びきのやぎのがらがらどん」

脚色/中江隆介 潤色・演出/安尾芳明
美術/若林由美子 音楽/堀井勝美
照明/阿部千賀子(第一ステージサービス)
音響効果/宮沢 緑 振付/市川裕子

「こどものための人形日本風土記」
作/川尻泰司
演出/岸本真理子 構成/伊井治彦
人形デザイン/川尻泰司
美術/佐久間弥生 音楽/長沢勝俊
照明/阿部千賀子(第一ステージサービス)


[情報提供] 2014/04/07 11:23 by myu

[最終更新] 2015/01/11 11:10 by プー吉

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

プー吉

プー吉(0)

夏休みの思い出に!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大