演劇

やなぎみわ×唐ゼミ☆

パノラマー唐ゼミ☆版

0 お気に入りチラシにする

演劇

やなぎみわ×唐ゼミ☆

パノラマー唐ゼミ☆版

劇団唐ゼミ☆

元・立誠小学校(京都府)

他劇場あり:

2014/03/28 (金) ~ 2014/03/30 (日) 公演終了

上演時間:

パノラマ館幻想から日本近代を透視する

[1924]三部作で鮮烈に演劇界に登場した美術家やなぎみわ
そのやなぎを演劇へと導いた劇作家・唐十郎直系の劇団唐ゼミ☆

この両者が日本におけるパノラマ館発祥の地であり、
唐十郎が少年時代を過ごした東京台東区を縦横に駆使して激突する都市型演劇...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/28 (金) ~ 2014/03/30 (日)
劇場 元・立誠小学校
出演 林麻子、椎野裕美子、禿恵、入谷入山、津内口淑香、武藤友祈子、小林加奈、熊野晋也、西村知泰、重村大介、鷲見武、東侃輝、松田信太郎、八重柏泰士、ワダタワー
脚本 やなぎみわ
演出 中野敦之
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】
[前売]  一般 2,500円  学生 1,500円
[当日]  一般 3,000円  学生 2,000円
サイト

http://karazemi.com/perform/cat24/post.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 立誠小学校
説明 パノラマ館幻想から日本近代を透視する

[1924]三部作で鮮烈に演劇界に登場した美術家やなぎみわ
そのやなぎを演劇へと導いた劇作家・唐十郎直系の劇団唐ゼミ☆

この両者が日本におけるパノラマ館発祥の地であり、
唐十郎が少年時代を過ごした東京台東区を縦横に駆使して激突する都市型演劇!
蜃気楼のように現れる下町迷宮世界をお見逃しなく!



明治何年頃か覚えていないが、私のごく幼ない頃、上野にパノラマ館があつた。
(中略)そのパノラマ館の家の中に、戸外で見ると同じような青空が、
無限の穹窿(きゅうりゅう)となって廣がっているのだ。
私は子供の驚異から、確かに魔法の国へ來たと思つた。  

               萩原朔太郎 詩集「宿命」

-----------------------------------------------------------------------------------

【あらすじ】

930年、浅草にある流行らないビアホール「パノラマ」。
そこに住むのは、女将のアゲハと、詩人のハギワラ、そして新聞屋。
ハギワラは、アゲハと新聞屋に養われながら、詩作を続けている。
ビアホールにやってきた屑拾いの男が、幻燈絵を映すと、一気に時が遡り、
明治の世を風靡したパノラマ館が蘇る。

日清戦争で手柄を立てた原田重吉という一兵卒が軍神に祭り上げられ、
芝居や絵画まで戦一色になった浅草のパノラマ館では、絵描きの矢神嘯風が戦争画に挑んでいた。
絵描きは時世の夢を描き、詩人は永久の時間へと繋がろうとする。

世が日中戦争へ向かう中、ハギワラは、英雄の凋落と末路をえがいた「日清戦争異聞 原田重吉の夢」を書き上げる。
その他注意事項
スタッフ 演出・美術・音響:中野敦之

舞台監督・照明:齋藤亮介 

照明助手:中條愛 

音響助手:東侃輝

衣裳:やなぎみわ 劇団唐ゼミ☆ 

ヴォイス:やまもとのりこ

制作:椎野裕美子 

宣伝美術:木村三晴

[情報提供] 2014/01/20 07:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/04/02 18:06 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大