朱の半宵 ―アケノハンショウ―

デザイン:杉浦慶子(演劇集団 円)

0 お気に入りチラシにする

お茶の間ゴブリン

d-倉庫(東京都)

2014/08/06 (水) ~ 2014/08/10 (日) 公演終了

上演時間:

遠い昔、まだ森羅万象に神が宿ると強く信じられていた頃、とある山で噴火が起きた。
麓の村ではそれを神の怒りとして、一人の女を生贄に差し出すことを決める。
女は後ろ手に縄で縛られ、森の奥へと連れて行かれた。
朱い鳥居。
陽の光もうっすらとしか届かない薄暗闇の中、それは怪しい気配を漂わせてい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/08/06 (水) ~ 2014/08/10 (日)
劇場 d-倉庫
出演 三澤行寛(東京ポップシップ)、斉木テツ(斉伸堂)、中村勇矢、塩田良平、小川大二郎(劇団BOOGIE☆WOOGIE)、升望(プロ・フィット)、岡村佳代子、奥原ひとみ(メディアゲート)、加藤真由美、丸本陽子(DanceCompanyMKMDC)、宮下奏(Zelfstandig)、月岡鈴、伊藤真、澤木柚季江、桑原勝行(劇団桟敷童子)
脚本 松木円宏(ポムカンパニー)
演出 松木円宏(ポムカンパニー)
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,000円
【発売日】2014/06/15
前売 3500円
当日 4000円
※浴衣割り500円引き
サイト

http://ocha-gob.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2014,8,6(水)〜10(日)

6(水)19:00〜
7(木)19:00〜
8(金)14:00〜/19:00〜
9(土)14:00〜/18:00〜
10(日)14:00〜

※受付開始・ロビー開場は開演の1時間前、開場は開演の30分前
説明 遠い昔、まだ森羅万象に神が宿ると強く信じられていた頃、とある山で噴火が起きた。
麓の村ではそれを神の怒りとして、一人の女を生贄に差し出すことを決める。
女は後ろ手に縄で縛られ、森の奥へと連れて行かれた。
朱い鳥居。
陽の光もうっすらとしか届かない薄暗闇の中、それは怪しい気配を漂わせていた。
やがて激しくなる地鳴りと共に、視界は徐々に赤く染まる。
鳥居の前、ただ死を待つ女の目に飛び込んで来たのは白い蛇だった。
女の祈りはやがて蛇とその魂を共にし、宿りしモノは妖怪へとその姿を変えて生き続けた。

時は過ぎて現代。
村は祭りで大騒ぎ、朱をくぐりて“あやかし”踊る。
人に紛れて、神に隠され、因果の歯車 動き出す。
妖怪となり生き続ける蛇と、神隠しに遭った女との出会いから、この物語は始まる。
その他注意事項
スタッフ 原案 升望
脚本/演出:松木円宏(ポムカンパニー)
舞台監督:武田佐京
舞台美術:田中新一(東京メザマシ団)
照明:ESPミュージックアカデミー
音響:齋藤瑠美子
振り付け:中川真希
歌:Meg
宣伝美術:杉浦慶子(演劇集団 円)
ロゴデザイン:オールライトグラフィックス
グッズデザイン:nakaseruna
制作:お茶の間ゴブリン

[情報提供] 2014/03/12 09:06 by ポムカンパニー

[最終更新] 2014/11/09 11:07 by かよこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

yukie

yukie(0)

よろしくお願いしますm(__)m

のぞみ

のぞみ(0)

役者・俳優 声優

今年のお茶の間ゴブリンは夏祭りから始めます♪ 是非遊...

ダイジロウ

ダイジロウ(0)

役者・俳優 脚本 演出

いつだってがんばります!!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大