演劇

Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2008/04/06 (日) ~ 2008/04/27 (日) 公演終了

休演日:水曜休演

上演時間:

様々な企みで演劇シーンを牽引する劇作・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチのシアターコクーンプロデュース第三弾として、大胆なアレンジのもとゴーリキーの不朽の名作「どん底」を上演いたします。
「どん底」はモスクワ芸術座の初演以降、現在まで世界各国で上演が重ねられていて、舞台を江戸時代の長屋に置き...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/04/06 (日) ~ 2008/04/27 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 段田安則、江口洋介、荻野目慶子、緒川たまき、大森博史、大鷹明良、マギー、皆川猿時、三上市朗、池谷のぶえ、松永玲子、黒田大輔、富川一人、あさひ7オユキ、大河内浩、犬山イヌコ、若松武史、山崎一
脚本 マクシム・ゴーリキー、ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 9,000円
【発売日】2008/01/27
S・¥9,000 A・¥7,500 コクーンシート・¥5,000(税込)
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/shosai_08_donzoko.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 様々な企みで演劇シーンを牽引する劇作・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチのシアターコクーンプロデュース第三弾として、大胆なアレンジのもとゴーリキーの不朽の名作「どん底」を上演いたします。
「どん底」はモスクワ芸術座の初演以降、現在まで世界各国で上演が重ねられていて、舞台を江戸時代の長屋に置き換えた黒澤明監督の映画「どん底」(1957年公開)でも、作品が持つ強烈なインパクトは広く知られています。
多数の賞に輝いたオルビーの「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」(2006年)や、ウディ・アレン作「漂う電球」(2006年)などの翻訳劇でその緻密な演出手腕を改めて見せつけたKERAにとって、今回は“満を持した挑戦”といえるでしょう。そして、この刺激的な企画に、まさにKERA+ THEATRE COCOON といえる、演劇巧者揃いのキャスティングが実現しました。原作の持つ重低音と、KERA独特の軽妙なリズム、曲者揃いの出演者が出会い、まったく新しい群像劇、《演劇史上、最も軽やかで切実な、そしてスリリングな「どん底」》が誕生します!どうぞご期待ください!
その他注意事項
スタッフ 原 作 マクシム・ゴーリキー
上演台本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ

[情報提供] 2007/12/02 01:27 by こりっち管理人

[最終更新] 2012/01/30 11:51 by FM

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大