演劇

小指値 Remix

こまばアゴラ劇場 冬のサミット2007 参加作品

霊感少女ヒドミ

演劇

小指値 Remix

霊感少女ヒドミ

こまばアゴラ劇場 冬のサミット2007 参加作品

快快

こまばアゴラ劇場(東京都)

2008/02/07 (木) ~ 2008/02/09 (土) 公演終了

上演時間:

国道16号ぞいのマンションに住むヒドミは、
何故自分がここにすんでいるのか、分からない。
今日も世界に自分の影を探す。
そして念願叶ってやってきた恋人のヨシヒロ。それを阻止しようと亡霊達が現れる。



今回の作品は、ハイバイが2005年に上演した40分の原作を小指値がリミックス...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

Pictures from a Koyubichi play, 2008.February, Agora, Tokyo

公演詳細

期間 2008/02/07 (木) ~ 2008/02/09 (土)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 初音映莉子、三浦俊輔、山崎皓司、大道寺梨乃、中林舞、野上絹代、NAGYOLGA
脚本 北川陽子
演出 篠田千明
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2008/01/07
予約2000円 当日2500円
サイト

http://www.koyubichi.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 国道16号ぞいのマンションに住むヒドミは、
何故自分がここにすんでいるのか、分からない。
今日も世界に自分の影を探す。
そして念願叶ってやってきた恋人のヨシヒロ。それを阻止しようと亡霊達が現れる。



今回の作品は、ハイバイが2005年に上演した40分の原作を小指値がリミックスする。
原作を初めて見た時の興奮は作る動機にはなるが、作品自体には関係ない。
リミックスという行為はもちろん楽しいだろうけれど、
最終的に何が出来るかはいつものように、作り手から離れたところに存在している。
一番リミックスを実感できるのは、もしかすると作品の保管場所である、観客かもしれない。
小指値がやるのは自分達が見たいものを具現化するだけだ。
それで、自分たちがみたいものっていうのは、徹底的に皮膚になじむもの。

ハイバイ版“霊感少女ヒドミ”は、2005年に上演された
“ポンポンお前の自意識に小刻みに振りたくなるんだポンポン”の終演後、
突然続けて始まった40分の短編。
実物の役者と映像の役者が絡む会話劇と、
スライド映写と共に妙なリズム感の語りで物語が進行していく。

サミットの企画書を書くためにリミックスする原作を探していた時に、
なんとなくこれがいいんじゃないか、と思いはじめた日に、岩井さんから、
「しのだ、おれの台本、なんか使ってやれ」とタイミングよく言われたので即決。


その他注意事項 ※2/7、8 14時の回終演後、ハイバイ版上映+日替わりゲストによるトークあり
スタッフ 原作:岩井秀人(ハイバイ)
作:北川陽子
演出:篠田千明
舞台監督:佐藤恵
美術:山本ゆい
照明:伊藤啓太
照明オペレーション:佐々木文美
音響:星野大輔
衣装:藤谷香子
振付:野上絹代
宣伝美術:天野史朗
写真:加藤和也
制作:山本ゆい
企画:山北健司/篠田千明
協力:A-team

[情報提供] 2007/11/30 02:02 by こりっち管理人

[最終更新] 2009/01/09 16:19 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

nt1chk

nt1chk(1)

舞台照明をやっていました。 あのど真ん中にあって邪魔...

やし

やし(0)

しゅつえんとえいぞう他

きぬよ

きぬよ(0)

わくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわ...

このページのQRコードです。

拡大