演劇

―あとから生まれてくる人たちに

肝っ玉おっ母とその子供たち

0 お気に入りチラシにする

演劇

肝っ玉おっ母とその子供たち

―あとから生まれてくる人たちに

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2014/03/08 (土) ~ 2014/03/09 (日) 公演終了

上演時間:

第二次世界大戦が勃発した一九三九年、ブレヒトが亡命中に執筆した問題作。
戦争によって街を奪われた人たち、 そしてそこにあった生活をも奪われた人たちが
〈あとから生まれてくる人たち〉に歌う自由と受難の劇。

東京演劇集団風の拠点劇場〈レパートリーシアターKAZE〉のオープニング企画として...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/08 (土) ~ 2014/03/09 (日)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 辻由美子、柳瀬太一、工藤順子、田中悟、仲村三千代、車宗洸、佐野準、栗山友彦、白石圭司
脚本 ベルトルト・ブレヒト
演出 浅野佳成
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2014/01/25
前売り3800円/当日4000円/学生3300円
年間通しチケット10,000円(3枚綴り)
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月8日(土)14:00
3月9日(日)14:00
説明 第二次世界大戦が勃発した一九三九年、ブレヒトが亡命中に執筆した問題作。
戦争によって街を奪われた人たち、 そしてそこにあった生活をも奪われた人たちが
〈あとから生まれてくる人たち〉に歌う自由と受難の劇。

東京演劇集団風の拠点劇場〈レパートリーシアターKAZE〉のオープニング企画として一九九九年に初演。
2006年から終幕に「あとから生まれてくる人たちに―」という詩の朗読を加え、全国巡回公演を続けている風の代表作。
戦争という限りなく悲惨な人間の過ちを問うと同時に、苦境にあって、なお生き続ける人々の姿に、〝いま〟という歪んだ時代に生きる我々の姿が写る―
その他注意事項
スタッフ 音楽:八幡茂 舞台美術:アンジェイ・ピョントコフスキ
照明:坂野貢也 音響:渡辺雄亮

[情報提供] 2014/01/31 10:41 by なっち

[最終更新] 2014/03/10 13:25 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

なっち

なっち(0)

役者・俳優 制作

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大