演劇

[地域交流プロジェクト ひと×間 関連企画]

ミナモザ

リーディング劇 ファミリアー

デザイン:cursor

0 お気に入りチラシにする

演劇

[地域交流プロジェクト ひと×間 関連企画]

リーディング劇 ファミリアー

ミナモザ

神戸アートビレッジセンター

神戸アートビレッジセンター(兵庫県)

2014/02/08 (土) ~ 2014/02/09 (日) 公演終了

上演時間:

犬は好きですか? 犬を飼ったことはありますか? 捨てられたり迷子になったりした犬が、どのような運命をたどるのか、考えたことはありますか? 
『ファミリアー』は動物愛護センターや保健所に保護された犬たちを追った写真シリーズ「ただのいぬ。」(撮影:服部貴康)を原案としたリーディング劇です。
か...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/08 (土) ~ 2014/02/09 (日)
劇場 神戸アートビレッジセンター
出演 中田顕史郎、大原研二、西尾友樹
脚本 瀬戸山美咲
演出 瀬戸山美咲
料金(1枚あたり) 500円 ~ 500円
【発売日】2014/01/08
サイト

http://kavc.or.jp/play/pg510.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月8日(土)13:00/17:00
2月9日(日)13:00
説明 犬は好きですか? 犬を飼ったことはありますか? 捨てられたり迷子になったりした犬が、どのような運命をたどるのか、考えたことはありますか? 
『ファミリアー』は動物愛護センターや保健所に保護された犬たちを追った写真シリーズ「ただのいぬ。」(撮影:服部貴康)を原案としたリーディング劇です。
かつて、保護された犬たちの多くが殺処分という悲しい運命をたどっていました。殺されてしまうか、新しい家族にもらわれていくか。その運命を決めていたのは犬たち自身ではなく、私たち人間でした。
今、現場で働く人々やNPOの頑張りが実を結び、法律が改正され、殺処分の数は減りつつあります。神戸市の動物管理センターでも、動物を救うためにたくさんの試みをおこなっているようです。『ファミリアー』では、そういった人々の姿、そして犬たちの生きる姿を描いています。この作品が、これから大人になる子供たちにとって、そして大人たちにとって、人間と動物の関係について、そして命とは何かを考えるきっかけになることを願っています。   [作・演出コメント]
その他注意事項 関連イベント ★参加無料・事前予約不要(本編の上演は約40分)
◎「ただのいぬ。」ミニ写真展も同時開催(2月8日(土)12:00~9日(日)15:00まで)
◎ 2/8(土)13:00の後、ミニワークショップ「上演作品について考えてみよう」
◎ 2/8(土)17:00の後、作・演出の瀬戸山美咲と原案の服部貴康によるトーク
◎ 2/9(日)13:00の後、トークサロン「上演作品について話そう」
スタッフ 【原案】服部貴康(「ただのいぬ。」PIE BOOKS & 角川文庫)
【音響】中野千弘

[情報提供] 2014/01/23 15:05 by 神戸アートビレッジセンター

[最終更新] 2014/01/23 16:09 by 神戸アートビレッジセンター

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大