演劇

演劇公演 ハプニング劇

此処か彼方処か、はたまた何処か?

SPAC・静岡県舞台芸術センター

アトリエみるめ(静岡県)

2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日) 公演終了

上演時間:

SPAC×地域劇団の俳優たちによるドリームチームが、
静岡発のハプニングを巻き起こす、か?!
静岡県立美術館で開催される展覧会「グループ『幻触』と石子順造」展にあわせ、演劇公演 ハプニング劇『此処か彼方処か、はたまた何処か』を上演いたします。
展覧会「グループ『幻触』と石子順造」展は、美...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日)
劇場 アトリエみるめ
出演 蔭山ひさ枝[劇団渡辺]、桐島聡[劇団らせん劇場]、武石守正[SPAC]、友田領太[劇団静火]、望月夏哉[静岡あくとねっと]、百名哲、山本実幸[SPAC]、横山央[SPAC]、渡邊清楓、絢[やぶれ金魚]、大内米治[SPAC]、太田夏子[劇団渡辺]
脚本 上杉清文、内山豊三郎
演出 大岡淳
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
料金:1,500円
サイト

http://www.spac.or.jp/kokoka_kanataka.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月
14日(金) 19:00開演
15日(土) 19:00開演
16日(日) 15:00開演
説明 SPAC×地域劇団の俳優たちによるドリームチームが、
静岡発のハプニングを巻き起こす、か?!
静岡県立美術館で開催される展覧会「グループ『幻触』と石子順造」展にあわせ、演劇公演 ハプニング劇『此処か彼方処か、はたまた何処か』を上演いたします。
展覧会「グループ『幻触』と石子順造」展は、美術評論家石子順造(1928-1977)と、1960年代後半~1970年代初頭に静岡で活動した現代美術集団グループ『幻触(げんしょく)』の活動の軌跡をたどりながら、同時代の美術に与えた影響を考えるというものです。
『此処か彼方処か、はたまた何処か?』は、グループ『幻触』が活躍した同時代の1967年、劇団「発見の会」の研究生公演として上演され、石子順造から新時代の息吹として高い評価を得ました。当時、1960年代は、演劇史的には新劇からアングラ演劇への転換期、社会的には学生運動の高揚期、騒然たる時代状況でした。
私たちがこの舞台に挑戦する意義は、かつて「アンダーグラウンド」な芸術運動に潜在しており、しかし今は失われてしまった可能性とは何なのか、60年代に夢見られた新しい社会とはどのようなものだったのかを、あぶりだすことです。
本公演では、SPAC大岡淳が演出、SPAC俳優と静岡を拠点に活動する演劇人たちが結集し、静岡発<現代のハプニング演劇>に挑戦します!
その他注意事項
スタッフ 映像出演:上杉清文

[情報提供] 2014/01/09 05:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/09 05:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大