演劇

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014) TPAMショーケース(公募プログラム)

演劇

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014) TPAMショーケース(公募プログラム)

しあわせな日々

Theater Company〈ARICA〉

横浜赤レンガ倉庫1号館(神奈川県)

2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日) 公演終了

上演時間:

『しあわせな日々』はサミュエル・ベケットの代表作のひとつ。ひたすらしゃべり続ける主演女優(安藤朋子)が埋もれる山のような舞台美術を、アーティストの金氏徹平が設計。金氏は既成の日用品などを解体した後、石膏や樹脂などを用いて有機的な形態へと再構成するコラージュ手法が代表的。身動きが取れない状況で話...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日)
劇場 横浜赤レンガ倉庫1号館
出演 安藤朋子、ほか
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
前売 ¥4,000
当日 ¥4,500
学生 ¥2,500
18歳以下 ¥1,000
TPAM参加登録者特典:¥3,000
サイト

http://www.tpam.or.jp/2014/program/showing/tpamshowcase/arica/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.14 Fri 19:30
2.15 Sat 15:00
2.16 Sun 15:00

説明 『しあわせな日々』はサミュエル・ベケットの代表作のひとつ。ひたすらしゃべり続ける主演女優(安藤朋子)が埋もれる山のような舞台美術を、アーティストの金氏徹平が設計。金氏は既成の日用品などを解体した後、石膏や樹脂などを用いて有機的な形態へと再構成するコラージュ手法が代表的。身動きが取れない状況で話し続けるのはなぜか? なぜ山に埋もれているのか? 新訳、新しい解釈、新しい舞台装置でベケットの代表作が生まれ変わる。

シアターカンパニー・アリカ
2001年、演出・美術の藤田康城、テクスト・コンセプト担当の詩人・批評家の倉石信乃、故太田省吾主宰の転形劇場の女優、安藤朋子らにより設立。各分野とのコラボレーションによるそのユニークな活動は、演劇やダンスの枠を超え、ビジュアルアートや音楽、建築、デザインなどのクリエイティブ・ワークと呼応するパフォーマンスとして注目されている。2005年カイロ国際実験演劇祭では安藤がベスト・ソロ・パフォーマンス賞を受賞。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/01/06 20:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/06 20:38 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大