明治座

明治座(東京都)

2014/04/06 (日) ~ 2014/04/26 (土) 公演終了

上演時間:

主人公の舞は『東海道中膝栗毛』の作者・十返舎一九の娘。
両親と江戸日本橋通油町の借家で暮らしながら、
趣味と実益をかねて踊りの稽古にはげんでいる。
18歳の小町娘の夢は玉の輿。
それなのにあァ、一九に縁談をぶちこわされてばかりだ。

一九は稀代の奇人で大酒飲み、飲めばきまって大騒ぎ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/04/06 (日) ~ 2014/04/26 (土)
劇場 明治座
出演 田中麗奈、加藤雅也、山崎静代、板尾創路、熊谷真実、篠井英介、ほか
脚本 田村孝裕
演出 上村聡史
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 10,000円
【発売日】2014/02/25
S席(1階席、2階席正面)10,000円
A席(2階席左右)7,000円
B席(3階席正面)5,000円
C席(3階席左右)3,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2014_04/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11:00 16:00
※10日・17日・24日・26日は12:00開演のみ。
※12日と19日は12:00開演と17:00開演。
説明 主人公の舞は『東海道中膝栗毛』の作者・十返舎一九の娘。
両親と江戸日本橋通油町の借家で暮らしながら、
趣味と実益をかねて踊りの稽古にはげんでいる。
18歳の小町娘の夢は玉の輿。
それなのにあァ、一九に縁談をぶちこわされてばかりだ。

一九は稀代の奇人で大酒飲み、飲めばきまって大騒ぎ。
借金だらけで家計も火の車。
母のえつはとうに匙を投げてしまい、きりきり舞いをするのはいつも舞。

そんな舞の家へ、次々に奇人がころがりこんできた!

一九の押しかけ弟子になったのは謎の浪人、今井尚武。
尚武は一九の出生のヒミツとかかわりがあるらしい。

もう一人は幼なじみで葛飾北斎の娘のお栄。これがまたトンデモナイ奇人で・・・。

そんな最中、舞は武家の若者に見初められた。さァ、玉の輿の夢は叶うのか?

奇人にかこまれ、舞の毎日は山あり谷あり、怒って泣いて笑っての大忙し。
それでもお江戸の庶民は元気はつらつ。
ユーモアとペーソスたっぷりの、とびきり愉快な人情喜劇。
その他注意事項
スタッフ 原作=諸田玲子

[情報提供] 2013/12/25 20:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/12/31 16:42 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大