演劇

新転位・21+東京バビロン提携公演 「こころ」に続く山崎哲の漱石シーズ第2弾

演劇

新転位・21+東京バビロン提携公演 「こころ」に続く山崎哲の漱石シーズ第2弾

漱石の道草

新転位・21

シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都)

2013/12/04 (水) ~ 2013/12/08 (日) 公演終了

上演時間:

ある小雨の日、健三は道端で帽子をかぶらない男を見かけた。
かれはその男に見覚えがあった。島田といい、健三の養父だった。
島田夫婦が離婚したため、健三は七歳のとき実家に戻された。
その後、実家が養育費を島田に支払い、島田とは縁が切れたはずだったが、
かれはなぜか不安に怯えた。
島田は生...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/04 (水) ~ 2013/12/08 (日)
劇場 シアターバビロンの流れのほとりにて
出演 柴田淳、杉祐三、村山好文、りん、妻鹿益己、竹内泰子、ほか、石川真希、木之内頼仁、十貫寺梅軒、大久保鷹、天野雅之、中井優衣、渡辺ゆみ、吉田男爵、谷津浩朗、荻原裕介
脚本 山崎哲
演出 山崎哲
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,300円
【発売日】
前売3000円
高校生2500円
当日3300円 
サイト

http://dorama21.at.webry.info/201310/article_1.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 平日19:00
土曜14:00 / 19:00
日曜14:00 / 18:00 
説明 ある小雨の日、健三は道端で帽子をかぶらない男を見かけた。
かれはその男に見覚えがあった。島田といい、健三の養父だった。
島田夫婦が離婚したため、健三は七歳のとき実家に戻された。
その後、実家が養育費を島田に支払い、島田とは縁が切れたはずだったが、
かれはなぜか不安に怯えた。
島田は生活が苦しく、健三の宅へ金の無心をしに現れた。
かれは断ることもできたはずなのに、いくらかの金を渡した。
すると島田はたびたび健三の宅を訪れるようになった。
そしてその島田の出現を境に自分の姉や、
事業に失敗した妻の父まで健三にまとわりつき、金を無心するようになる。
健三はなんとか金を工面して島田とは区切りをつけるが、
「これで安心ね、すっかり片付いちゃったんですもの」と妻のお住が言うと、
「世の中に片付くなんてものは殆んどありゃしない。
一遍起こった事は何時までも続くのさ」
と苦々しく吐き出すのだった。
その他注意事項
スタッフ 美術 蟹江杏
照明 久保井研
音楽 GORO
舞台監督 村山好文
制作 天野雅之 林弘美 新転位・21  
協力 唐組 伊藤悦子 イワセマツリ ほか

[情報提供] 2013/12/18 23:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/12/18 23:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大