演劇

トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演Vol.6

2作品のオムニバス公演

Summer's Rain(仮)

0 お気に入りチラシにする

演劇

トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演Vol.6

Summer's Rain(仮)

2作品のオムニバス公演

トウキョウ演劇倶楽部(活動休止)

戸野廣浩司記念劇場(東京都)

2014/06/25 (水) ~ 2014/06/30 (月) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

2作品のオムニバス形式での公演でございます。

①劇団「ACTOR'S TRASH ASSH」の若手新鋭の演出家、高島紀彦の作・演出作品をお送りいたします。

タイトル『雨の中の紫陽花』

6月上旬、雨の降る東京。
一人の女性(広川恭子)が交通事故で命を落とす。夫を残し25歳の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/06/25 (水) ~ 2014/06/30 (月)
劇場 戸野廣浩司記念劇場
出演 市原朋彦、民本しょうこ、中村裕香梨、村上耕平、薗内茜、平出吏、クシダ杏沙、丸山雷電、畑中彩希、高本広貴、和合真一、片山萌美、法城寺エイト、谷口悠、花梨、花凜、冬木聖三、齋藤一希、美鈴響子、大徳圭
脚本 高島紀彦、KAIKA
演出 高島紀彦、KAIKA
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2014/05/09
通常価格3,500円
金曜日の昼間のみ、3,000円
学割は、上記それぞれから500円割引。
サイト

http://www.tokyo-engeki.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月25日(水)19:00
6月26日(木)19:00
6月27日(金)14:00/19:00
6月28日(土)14:00/19:00
6月29日(日)13:00/18:00
6月30日(月)13:00/18:00

アフタートーク等のイベントを企画しております。
詳細は後日発表致します。
説明 2作品のオムニバス形式での公演でございます。

①劇団「ACTOR'S TRASH ASSH」の若手新鋭の演出家、高島紀彦の作・演出作品をお送りいたします。

タイトル『雨の中の紫陽花』

6月上旬、雨の降る東京。
一人の女性(広川恭子)が交通事故で命を落とす。夫を残し25歳の若さでこの世から居なくなる。薄れいく意識の中、彼女が願うのは夫との平穏な日々
「話せなくても良い、あの人の近くにいるだけで…」
そして彼女は幽霊として夫、広川直紀の前に現れるが、直紀には姿が見えない、だが話せなくても触れなくてもいい。少なくとも今は…。
時は流れ、7月中旬。梅雨の東京。
広川直紀は、仕事が趣味といえるほど優秀であり、会社では若くして主任の立場。しかし妻の死後は仕事が上手く行かず、周囲から心配されており、ついには上司から一週間の休暇を宣告されてしまう
「いつか妻が帰ってくるかもしれない。」
ありえないことで、馬鹿げていることなのは分かっているが、一人になると妻のことばかり考えてしまう。
会社から休暇の話を聞きつけ妹(広川美希)が直紀に部屋を訪れ、幽霊をなった恭子の姿を目にする。
困惑する直紀。古くからの友人である美希には姿が見えて、会話も出来る。そう考えた恭子は、ある考えを美希に打ち明ける。

「生きている間、何も残せなかった…形を残したいの。だから身体を貸して」
奇妙な生活が始まった。
7月も後半に差し掛かる。未だに梅雨は明けない。
雨の中の紫陽花のように恭子は生き生きと存在している。
妹の意識と妻の意識が入れ替わり、最初は戸惑いを感じながらも、直紀も妻として認識し始める。引き換えに妹の存在を忘れていく…。
降り続く雨とともに晴れることのない揺れる思いを綴る、愛憎劇…。

②11月の「街でジングルベルが聴こえる頃に、僕は人を殺してしまいました。という感じのオムニバス」でも作演出を担当しました、KAIKAが再びお送りいたします。

タイトル『だって好きだから!』

謎の女教師がお前を殺しにやって来る!そう、女教師はプロの殺し屋だった。そんな彼女がなんとイケメン生徒に恋をした。しかし、ターゲットが彼だと知る女教師は、恋を取るのか、仕事を取るのか…大きく揺れるのだった!
そして、更に送られる新たな殺し屋!進級をかけた大切なテスト中にも繰り返される暗殺から、彼を守り抜く覚悟を決める彼女だった!しかし、彼女の昔の恩師が新たな刺客として登場する。
一方、イケメンの彼は何者かに恐竜のお仕事遺伝子が組み込まれていて、地球を破滅に導く恐竜へと変貌して行くのだった!
その他注意事項 アフタートーク企画中です。
ツイッター @Tokyo_Engeki_C
スタッフ 舞台監督・音響 :川上 浩史
照 明 :村山 寛和(マーキュリー)
制 作 :竹内亜希子
プロデュース :鈴木政也、大谷芳嗣(トウキョウ演劇倶楽部)
製作著作 :ライラックプロモーション/トウキョウ演劇倶楽部

[情報提供] 2013/12/15 12:26 by 大谷芳嗣

[最終更新] 2014/10/02 00:23 by 大谷芳嗣

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

すずき

すずき(0)

楽しいですよ、舞台って。

大谷芳嗣

大谷芳嗣(1)

小劇場公演もいいものですよね

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大