演劇

劇団120◯EN×福島大学アカペラサークルRainbowPumpkin

しろ

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団120◯EN×福島大学アカペラサークルRainbowPumpkin

しろ

劇団120◯EN

夢奏蔵(福島県)

2013/12/22 (日) ~ 2013/12/22 (日) 公演終了

上演時間:

-平安から、今に至るまで、この街には歌があり、祈りを重ねる人が生きている。

平安の頃、信夫の里と都を繋いだ悲しい恋の歌。

「陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰ゆゑに
 乱れそめにし 我ならなくに」

歌は鎌倉の時代、一人の女性をこの地に招く。
父の仇を討ち、処刑された曽...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/22 (日) ~ 2013/12/22 (日)
劇場 夢奏蔵
出演 清野和也、古内友紀子、鈴木優斗、川島ゆかり
脚本 清野和也
演出 清野和也
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
予約席有り。ご連絡ください。
サイト

http://120en.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 昼の部:14:00~
夜の部18:00~
※各回30分前開場
説明 -平安から、今に至るまで、この街には歌があり、祈りを重ねる人が生きている。

平安の頃、信夫の里と都を繋いだ悲しい恋の歌。

「陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰ゆゑに
 乱れそめにし 我ならなくに」

歌は鎌倉の時代、一人の女性をこの地に招く。
父の仇を討ち、処刑された曽我兄弟の悲しき物語を語り継いできた旅の者。
女が信夫に植えた姥ヶ梅(うばがうめ)は、一年中、雪のように白い花をつけた。

岡本村高松城(福島市)城主、佐藤四郎左エ門顕秀(あきひで)は、霊山城に入場した南朝 北畠顕家の命によりその梅の木を伐り倒す。
その日から顕秀は、不気味な声と音を出す音霊(おとだま)に取り憑かれる。
音霊は、曽我兄弟と、梅を植えた女の変わり果てた姿。

ある日、偶然にも、彼らの恨みの声が重なり美しく”ハモって”しまう。
ここに、世にも奇妙な”アカペラ幽霊”と信夫の殿様の物語が始まるのである。
その他注意事項
スタッフ 作曲:根本卓実
歌・演奏:福島大学RainbowPumpkin

[情報提供] 2013/12/11 10:56 by 清野 和也

[最終更新] 2013/12/11 11:02 by 清野 和也

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

清野 和也

清野 和也(0)

役者・俳優 脚本 演出

脚本、演出、出演

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大