演劇

糸、巡礼、失うこと

デザイン:イラスト 藤原未歩

0 お気に入りチラシにする

演劇

アムリタ

北品川フリースペース楽間(東京都)

2014/02/21 (金) ~ 2014/02/26 (水) 公演終了

上演時間:

失うことについて考える、あるいは与えること、捨てる、手放す動きについて。

私は彼女のことをずっと考えている。ここにいない彼女、あらかじめ失われた彼女、生まれてこなかった彼女について。

私は迷子の妹を探している。あるいは見失った姉、はぐれてしまった母、いつか生まれる娘、存在しな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/21 (金) ~ 2014/02/26 (水)
劇場 北品川フリースペース楽間
出演 藤原未歩、秋元来方(第参校舎/(石榴の花が咲いてる。))、小山瑛子(劇団くるめるシアター)、白鳥渚(1/10世紀)、土井今日子(劇団くるめるシアター)、永友亜依、永渕沙弥
脚本 荻原永璃
演出 荻原永璃
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
【発売日】
サイト

http://amritasystem.tumblr.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 21(金)19時30分
22(土)15時/19時
23(日)11時/15時/19時
24(月)19時
25(火)15時/19時
26(水)13時/17時
説明 失うことについて考える、あるいは与えること、捨てる、手放す動きについて。

私は彼女のことをずっと考えている。ここにいない彼女、あらかじめ失われた彼女、生まれてこなかった彼女について。

私は迷子の妹を探している。あるいは見失った姉、はぐれてしまった母、いつか生まれる娘、存在しない彼女たちを。

加齢と巡礼は似ているのではないか。移動しながら重ねていく。その果てにあるものは?

私は彼女を探して旅をする、沢山の彼女らの元を訪ねて、獲得し、失い続ける。
旅は糸をたどって行われる。玉の緒、へその緒、蜘蛛の糸、赤い糸、あやとり、電話線、ミシン糸、刺繍糸、毛糸。転がった毛糸玉、絡まった、がんじがらめになった、動けない彼女。
彼女のために糸をほどく。織り上げた、編み上げたあれらを全てゼロに戻そう。戻せる?

電車がホームにやってくる。線路上には彼女がいる。足を取られ手を離された彼女がいる。私は電車に乗って遠くに行く/私は電車の中で眠っている/私は電車に身を投げ出そうとしている/私は電車に乗ろうとする恋人を追っている/私は彼女を見失っている/私は彼女に手を伸ばす/私は河を渡る/私は境界を越える。

ほどいて。ひかり。ゼロ。


ぜんぶあげる。ぜんぶもってるからだいじょうぶ。
だからこの手をとって。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 齋藤友菜
音響 カゲヤマ気象台(sons wo:)
照明 瀧ヶ崎彩香(ART CORE)
美術 小仲井もえこ 
制作 岡本セキユ(劇団森)
ドラマトゥルク 吉田恭大

[情報提供] 2013/12/08 05:14 by 35

[最終更新] 2015/01/02 17:39 by umi

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー11

day-a

day-a(0)

鳩です。

umi

umi(0)

ブカンとかやってます

けふこ

けふこ(0)

出演します。いきのびます

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大